記事

MUFJ、LIBOR不正操作巡る米訴訟で3000万ドル支払いへ

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFJ)の三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作を巡り、米国での訴訟で3000万ドルを支払うことで合意した。

前週9日、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁に提出された暫定和解文書で明らかとなった。正式な和解には判事の承認が必要となる。文書のなかでMUFJは不正は行っていないと主張している。

この他、シティグループ、ドイツ銀行、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェースが和解に応じている。これらを合わせた和解総額は2億3600万ドル。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「三菱UFJ銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  2. 2

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  3. 3

    NGT事件 女性の主張を茶化す日本

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

  5. 5

    韓国軍の謝罪を許可しない文政権

    AbemaTIMES

  6. 6

    NGT事件 秋元康氏の責任追及せよ

    渡邉裕二

  7. 7

    日本軽視の韓国を大国が見放す日

    MAG2 NEWS

  8. 8

    たけしの労働持論に若者が反論

    キャリコネニュース

  9. 9

    SPAヤレる認定 笑い飛ばせぬ恐怖

    AbemaTIMES

  10. 10

    志らく 純烈・友井の引退に疑問

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。