記事
  • S-MAX

電気自動車は自動運転の夢を見るか。変革期へ突入した自動車の現在と未来を考える

1/2
画像を見る

テクノロジーの視点からクルマの未来と問題点を考えてみた!

米国の民間宇宙開発ベンチャー、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(以下、スペースX)は日本時間7日未明、自動車メーカー・テスラのスポーツカー「ロードスター」を宇宙へ打ち上げました。

……これだけを書くとまるでどこかの出来の悪いフェイクニュースのようですが、笑うなかれ事実なのです。スペースXとテスラの創設者であるイーロン・マスク氏の突拍子もない発想やその大胆さ、そして実行力は常にIT業界やテクノロジーの分野で驚きを与えてくれますが、今回は自社のロケット開発力の高さをアピールするため、同じく自社の電気自動車(EV)を実験台として使用したのです。

本来であればここでロケットの技術解説などを延々と書き綴るべきなのでしょうが、今回は残念ながらロケットではなく自動車のお話です。世界の自動車業界が一気にEVやハイブリッド自動車(HV)へと舵を切り始めたきっかけを作ったのもテスラであり、誰もが最初はイーロン・マスク氏の大言壮語だとばかり思っていたものが圧倒的な行動力と実行力によって次々と実現させていったことが大きな要因となったのは間違いないでしょう。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんな次世代自動車の未来と現実を考えてみたいと思います。

画像を見る
宇宙に浮かぶ地球とロードスター。まるでCGのようだが現実の画像だ

■新技術は常に新たな問題との戦いである

以前本媒体にて、ソフトバンクが12月に都内にて自動運転バスの公開試乗会を開催したことをお伝えしましたが、この時用いられたNAVYA(ナビヤ)製の自動運転車両「NAVYA ARMA(ナビヤ・アルマ)」もEVの1つです。自動車業界は現在大変革期に入っており、自動運転化とEV化の流れが同時進行で到来しています。

そもそも、自動運転車とEVは自動車業界の長年の夢でもありました。有限資源である石油を効率的に利用するにはどうすればよいのか。人による自動車事故を減らし渋滞を緩和する技術はないのか。自動車業界はエンジンの改良やハイブリッド化、オートクルーズ機能や自動ブレーキシステムの開発など、様々なアプローチでノウハウと技術を積み重ねてきましたが、その集大成的な自動運転EVの躍進が全くの門外漢であるはずのIT業界出身者によって切り開かれたというあたりにもまた、新しい時代の流れを感じさせます。

画像を見る
テスラ「MODEL S」の公式動画より

しかし、未来への革新に溢れたこれらの技術が内包しているものは輝かしい側面ばかりではありません。むしろ解決しなければいけない問題が山積しているのです。

自動運転技術での大きな問題は責任の所在です。自動運転にはいくつかの段階があり、自動ブレーキシステムなどはレベル1、車間距離を保ち走行車線を認識して運転補助を行う高度なクルーズコントロール技術などはレベル2といったクラス分けがなされていますが、その行き着く先は当然ながら人が運転を全く行わない高度自動運転「レベル4」や完全自動運転と言われる「レベル5」です。

この「人が介在しない自動運転」で事故が起こった場合、その責任の所在はどこにあるのでしょうか。日本では現在国交省主導による「自動運転における損害賠償責任に関する研究会」が毎年数回行われており、今年も1月26日に開催されています。現在のところその責任は自動車メーカーにあるとされ、自賠責保険などは自動車の保有者が負担するという方向で話が詰められていますが、機器の故障やハッキングによる事故の責任はどこが負担するのか、システムの欠陥などによる自損事故は自動車損害賠償保障法の保護対象とするのかなど、まだまだ議論は続いています。

画像を見る
2017年6月に事故を起こしたMODEL S。当初「自動運転車が事故を起こした」と報道されたこの自動車の自動運転システムはレベル2相当であり、いわゆるオートクルーズ機能の域を出ていなかったため責任の所在を掴むのは簡単だった(責任は運転者にある)。PHOTOGRAPH COURTESY OF NTSBCC BY-NC-SA 2.0

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 年収100万円時代来る

    小林よしのり

  2. 2

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  3. 3

    河野大臣の答弁拒否に議員が苦言

    大串博志

  4. 4

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  5. 5

    あなたも共犯 食卓に並ぶ密漁品

    BLOGOS編集部

  6. 6

    検察OB ゴーン氏逮捕は無理な話

    AbemaTIMES

  7. 7

    中国富豪 蒼井そらに300万円出す

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高圧的な革新機構社長に違和感

    鈴木宗男

  9. 9

    安倍政権の横暴助ける無能な野党

    PRESIDENT Online

  10. 10

    米が中国渡航に勧告か 報復警戒

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。