記事

これで「望まない受動喫煙」をなくせますか?

私がこれまで何度も提言し、動向を注視してきた、受動喫煙対策を義務付ける健康増進法改正案。
先日、厚生労働省の素案が公表されましたが、その内容に怒りを通り越して呆れています。

公共の場は原則禁煙となるはずの受動喫煙防止対策が、全く徹底されていないからです。
厚労省案では、「中小企業や個人が運営する店舗」で、「店舗面積が一定規模以下」(報道では150平方メートル以下)は、原則禁煙の適用除外。
「喫煙」「分煙」の表示があれば喫煙が可能としています。

都内飲食店の約9割近くが150平方メートル以下ですから、ほとんどの店で喫煙が可能となります。
(その後「客席面積100平方メートル以下」となりましたが、実質的に大差ありません。)

厚労省は法案の基本的考え方として、「望まない受動喫煙をなくす」とうたっています。
では果たしてこの基準が、望まない受動喫煙をなくすことになるのでしょうか?

日本では7〜8割が非喫煙者とされています。お客様の7〜8割が喫煙をされません。お店で働く方も同様です。
それなのに、約9割近くの飲食店では喫煙できる。この基準は全く矛盾しています。

そして、「中小企業や個人が運営する店舗」という定義も疑問です。
報道では「チェーン店ではない店」とされています。しかし、チェーンのラインは明確に引けないはずです。
チェーン店であっても小さな資本のところは?大きな資本のところであっても1店舗2店舗のところは?
チェーン店であっても、仕入れを共同している店舗、看板だけ共同している店舗もあります。
曖昧な表現は絶対にやめるべきです。

受動喫煙防止対策について、私が一貫して述べてきたことを改めて主張します。
「10坪以下」のお店は、一種の“プライベート空間”「喫煙・禁煙」を店主が自由に決めてよい。そのお店を利用されるかどうかはお客様の自由。
「10〜30坪」のお店は“準プライベート空間”エアカーテン等による分煙を義務付けるべき。喫煙室を設けることが難しいゆえの救済措置。
「30坪以上」のお店については“公的な空間”個室など完全分煙の設備が整っていない限り全面禁煙。

日本は煙を遮断するエアカーテンや、空気の流れをコントロールするエリア分煙など、高い分煙技術を持っています。
分煙技術を世界に広げていくためにも、国が設備投資を支援して、環境整備を推進していくべきです。
それを端緒にして、お店を新しくすれば、販売促進のチャンスも広がります。

今回の受動喫煙防止法案には、33億円の予算が計上されています。
この予算はこのような設備投資に使うべきです。
望まない受動喫煙をなくし、「喫わない人」「喫う人」双方を守る環境を整備する。
日本が誇るべき技術を用いて分煙環境を整え、日本の飲食店、ひいては日本経済を活性化したい。
これが私の主張です。

受動喫煙防止議員連盟の緊急総会で、このことを発言しました。
引き続き、積極的に提言して参ります。

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  6. 6

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  8. 8

    ガールズバーと混同 バーが怒り

    木曽崇

  9. 9

    学校で感染集団 予防はまだ必要

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。