記事

女子サッカーW杯優勝:敵を知る米国も防げず

 女子サッカーワールドカップ決勝、日本時間で夜明けの勝利に涙の場面があまりなかったのが印象的でした。2度の失点をぎりぎりで追いついた後、PK戦に入る前の円陣で、なでしこジャパンの選手とスタッフが笑顔だったのを見て妙な安堵感を覚えました。佐々木監督は日頃のミーティングからネタを用意して選手を笑わせるのが常とどこかで読みました。表情がひきつっていた米国選手との差は歴然でした。米国1人目で宙に飛んだゴールキーパー海堀選手が残した右足でボールをセーブした瞬間、勝負あったと思えました。

 試合開始直後から米国選手の動きは機敏かつパワフルと圧倒的で、逆にこんなハイテンション状態が最後まで続くはずがないと思いつつも、メンタリティの高さに驚かされていました。思い起こしたのが14日付ニューヨークタイムズの記事《Japanese Team Comes of Age, and Lifts a Country》でした。

 米国ゴールキーパーのソロ選手による、こんなコメントを収録していました。なでしこジャパンの「彼女たちは試合そのものより、もっと大きくて意味がある何かのためにプレーしている。そんな大きな感情に突き動かされている相手に対抗するのは難しい」

 東日本大震災を背景にした日本チームの心情について深く理解しているがゆえに、米国チームの監督は徹底的に先手を打って叩く戦術に出たのだと思います。しかし、それでも諦めさせられなかったのです。そこまで敵を知る米国も防ぎきれなかったのが、この決勝の本質でしょう。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。