記事

仮想通貨業界で活動する「胴元」たちの素性


【彼らの業績はチャートと連動している】

 仮想通貨取引所は、国内に約40社存在する。その経営者たちは、仮想通貨「NEM」を580億円分流出させた「コインチェック」の和田晃一良社長(27)に負けず劣らずの個性派ばかりだ。

 ビットバンクの廣末紀之社長(49)は野村證券を経てGMOインターネットに転職し、常務にまでのぼり詰めた。が、「自分が働く場所はGMOじゃない」と突然会社を辞めてしまう。

「GMO退職後は、ガーラというオンラインゲーム会社の社長になり、ジャスダックに上場させた。それだけでなく、ブームになるはるか前にカーシェアリングの会社を立ち上げ、2014年にビットバンクを創業している」(知人の投資家)

 SBIバーチャル・カレンシーズの代表を務める北尾吉孝氏(67)は、金融界の“超大物”だけに、その名を知る人も多いだろう。野村證券出身で、ソフトバンクの孫正義社長にヘッドハンティングされ、1995年にソフトバンクの常務として迎えられた。

 1999年、ソフトバンク・インベストメント(現・SBIホールディングス)のCEOに就任。ライブドアによるニッポン放送買収騒動では、“ホワイトナイト(*)”として注目を浴びた。

【*敵対企業からの買収を防ぐために、先んじて買収してもらう友好企業のこと】

「昨年10月にはビットコイン開発者・サトシナカモト氏と会ったことがあると発言し話題になりました。ただ、このナカモト氏はCIAですら居場所を特定できないといわれる謎の人物。いくら顔の広い北尾さんといえど、一体どうやって見つけ出したのか」(仮想通貨に投資する個人投資家・がおがお氏)

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  3. 3

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  6. 6

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  7. 7

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  8. 8

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。