記事

希望の党が安保関連法は現状で違憲に回帰は当然 憲法9条「加憲」に反対も当然のこと 野党再編は立憲民主党を基軸に!

希望の党の玉木代表は、安保関連法について違憲という立場を示し、安倍自民党が画策する憲法9条「加憲」についても反対を示すなど、従来の民進党の見解に回帰しています。 当然のことです。 極右勢力が民進党を従えさせようとしたことがはっきりと失敗したというだけのことです。「希望の党執行部が小池百合子顧問に離党を促すの当然だ」 結党メンバーであった細野豪志氏、それを画策した民進党の裏切り者前原氏は、どうするつ...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。