記事

日本の財政状況についてどのように考えるか? - 中里透 / マクロ経済学・財政運営

2/2

「2025年問題」に関するもうひとつの判断材料として、今年1月に公表された中長期試算のベースラインケース(経済成長率などの見通しについて慎重な想定を置いた場合の試算)をもとに一般会計ベースの社会保障関係費の推移をみると、20年度から25年度までの各年度における社会保障関係費の対GDP比はいずれも6.2%となるものと見込まれているが、17年度の5.9%との対比でみて財政に不連続な変化を生じさせるほどの大幅な増加とはなっていない(図表4)。

公共事業など社会保障以外の支出も含めて政策経費全体(基礎的財政収支対象経費)の推移をみると、13.9%(17年度)から13.1%(25年度)へとむしろ低下が生じるとの見通しが示されている。

図表4 政策経費(基礎的財政収支対象経費)の推移(実績値・推計値) 中里03 (注)2016年度までは決算額、17年度は補正予算政府案、18年度は当初予算政府案、19年度以降は推計値

(資料出所)内閣府資料より筆者作成

これらの推計については、前提条件などにも依存して結果が変化することから幅をもってみる必要があるが、現時点までに利用可能な情報から判断する限りでは、高齢化の進展に伴って社会保障の費用負担に不連続な変化が生じ、そのために財政運営上大きな支障が生じる可能性は低いものと判断される。

国民負担率をみると?

このように、歳出が抑制基調で推移していけば、税収の伸長と相まって基礎的財政収支の赤字幅が縮小して黒字化が達成されるが、内閣府の試算では黒字化の達成時期は2027年度以降になるものと見込まれている。この間に予期し得ない大きなショックによって歳出の上振れや税収の下振れが生じると、財政運営の安定性に影響が生じる可能性があることを踏まえると、こうしたもとでも財政収支の悪化を防ぐことが可能なのかを点検しておくことが必要となる。

このようなリスクシナリオにおいて財源を確保するための主たる手段のひとつは増税であるから、増税の余地が十分に残されているかを確認することがこの点検作業の基本となるが、日本の国民負担率は先進各国と比べると相対的に低い水準にとどまっていることから(図表5)、増税による財源確保の余地は残されているものと判断される。

図表5 国民負担率の国際比較 中里04 (注)国民負担率は租税負担率と社会保障負担率の合計額。

(資料出所)財務省資料

粗債務か純債務か?

ここまではフロー(歳入・歳出とその差額である財政収支)の側面から財政状況の点検を行ってきたが、ストック(債務残高)の側面についても簡単にふれておくことにしよう。

この点においてしばしば議論になるのは、財政状況を把握するうえで政府債務残高を粗債務と純債務のいずれでみることが適切かということだ(一般に資金調達主体は負債を負うだけでなく、資産として預貯金や債券などの金融資産を保有しているが、このような金融資産を負債から差し引いた後の債務の額が「純債務」、金融資産を差し引く前の債務の額が「粗債務」となる)。

結論からいえば、純債務をもとにすることが適切ということになる。資金の運用と調達を行っている主体が金融資産と負債をどのような水準で持つかはALM(資産負債管理)にも依存して決まってくるわけであり、粗債務ベースで債務残高をとらえると、税収によって返済すべき債務の額が適切に把握できなくなってしまうためだ。

また、対象とする政府債務の性質からも、粗債務ベースで財政状況を把握することが適切でない場合がある。たとえば、「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」(財務省)の計数をもとに「国の借金はすでに1000兆円を超えている」という報道がなされることがあるが、この「1000兆円」の中には政府が為替介入を行うための資金を調達するために発行した債券(政府短期証券)や、政府が独立行政法人などの公的機関に対する出資や融資(財政投融資)を行うための原資を確保するために発行した国債(財政投融資特別会計国債)も含まれている。

これらの債券も「国の借金」であることに変わりはないが、為替介入の資金確保のために発行された政府短期証券には、為替介入によって得られた米国債など外貨建ての債券などが見合いの資産としてあり、財政投融資の原資を確保するために発行された国債には、公的機関に対する出資や融資というかたちで見合いの資産がある。したがって、これらの資産を考慮せずに「1000兆円」をことさら強調することは、財政状況の正確な把握という観点からみて適切とはいえないということになる。

財政状況の国際比較では日本の政府債務残高がGDPの2.4倍に達しているという数字が利用され、このデータをもとに「日本の財政状況はギリシャよりも悪い」との報道がなされることもある。これはIMF(国際通貨基金)の”World Economic Outlook Database”にもとづく一般政府ベースの計数であるが、この数字も粗債務ベースの数字であることに留意が必要となる。

各国の政府が金融資産と負債をどのようなかたちで持つかというスタンスに違いがある可能性を考慮すると、政府債務残高については金融資産を考慮した純債務ベースでみることが適切であり、この点を踏まえて純債務についてみると、日本の政府債務残高は粗債務の半分の1.2倍(対GDP比120%)ということになる。もちろん、純債務でみても債務の残高は高水準であり、歳出抑制などを通じて財政健全化の取り組みを進めていくことが必要であるという点は変わりない。

ここまでみてきたように、歳出は抑制基調にあり、財政状況は改善の方向に向かっていることから、日本の財政は今後も安定的に推移していくものと見込まれる。デフレ脱却と財政健全化の兼ね合いに留意しつつ、引き続き誤りのない政策運営がなされていくことが望まれる。

コンパクトマクロ経済学 (コンパクト経済学ライブラリ)
著者/訳者:飯田 泰之 中里 透
出版社:新世社( 2015-03-01 )
定価:
単行本 ( 194 ページ )
ISBN-10 : 4883842193
ISBN-13 : 9784883842193

中里透(なかざと・とおる)

マクロ経済学・財政運営

1965年生まれ。1988年東京大学経済学部卒業。日本開発銀行(現日本政策投資銀行)設備投資研究所、東京大学経済学部助手を経て、現在、上智大学経済学部准教授、一橋大学国際・公共政策大学院客員准教授。専門はマクロ経済学・財政運営。最近は消費増税後の消費動向などについて分析を行っている。最近の論文に「デフレ脱却と財政健全化」(原田泰・齊藤誠編『徹底分析 アベノミクス』所収)、「出生率の決定要因 都道府県別データによる分析」(『日本経済研究』第75号、日本経済研究センター)など。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  5. 5

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  6. 6

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  9. 9

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  10. 10

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。