記事

枝野幸男氏に立憲主義のために報告

昨日、高森・倉持が出たニュース女子を見たが、ネトウヨ番組にしてはとても良い議論だった。

これを見てわしは益々、「自衛権(自衛隊を戦力とする)」を書きこみ、「集団的自衛権」を封じておくべきだと思った。

世界標準が「自衛権」は「個別」も「集団」も含むのだとしても、日本は去年の「安保法制」以前に戻すべきだ。
ここは立憲民主党の枝野代表と協調できるところだろう。 

なぜなら日本そのものが米国の「全土基地化」しているという、とんでもない属国状態であるからだ。
日本人はこのことに気づきもしてないのだが、日本は全土を米軍の基地にされている。
だから北方領土をロシアは渡せないのだ。 

日本はとっくに「集団的自衛権」を行使して、米軍の兵站基地を担い、ベトナム戦争も、イラク戦争も参加している。

つまり、去年の集団的自衛権の「解除」は、実は解除ではなく、集団的自衛権の「拡張」だったのだ!

米軍の侵略戦争の兵站基地を担い、その上、米軍と一体化して戦うという、もはや釣り合いのとれぬ同盟関係になってしまい、日本の属国化は深まる一方の状態だ。

なにもかも日本人に覚悟がなくて、米国に依存するニートでいたいという堕落が原因だが、憲法論議を通じて、日本国民を啓蒙する活動はしなければならない。

「立憲的改憲」は自国の防衛のみはするが、侵略戦争をできなくするために権力を縛る憲法をつくるものだ。

現在の憲法では、侵略戦争に加担するばかりで、これを防げない。
9条護憲派は、よっぽど侵略戦争が好きなのだろう。
平和を愛する気持ちも、正義感も足りないのだ。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  6. 6

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  7. 7

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  10. 10

    米長官 中国への関税撤廃を提案

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。