記事

千鳥・大悟が語った「志村けん」の素顔「最初はずっと敬語で…」

千鳥・大悟が語った「志村けん」の素顔「最初はずっと敬語で…」

 1月29日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ系)にて、お笑い芸人の千鳥・大悟がゲストで出演。大先輩である志村けんの意外な事実を明かしていた。

 ドリフ時代から長きに渡って活躍するレジェンドクラスの芸人・志村けん。さぞかし破天荒なのかと思いきや、そんなことはないという。

「すごいちゃんとした人というか、吉本的じゃなくて。いまでこそ僕に『おい大悟』って言うんですけど、最初のうちは、ずっと敬語やったんですよ。『芸人とはこうで……』って」

 さらに、こう語っていた。

「あのオーラで、敬語で、酒のんで、ピンクになって、(頭がハゲて)つるっとしてて、もうほぼフリーザ(笑)」

 このコメントに、MCのケンドーコバヤシは「お前、気に入られてるね。『ツルッとして』なんて言っていいのか」と驚き。

 さらに大悟は、志村の人気コント「ヒゲダンス」秘話も語っていた。
 ヒゲダンスのコント中に流れる、印象的なあの音楽は、たまたま見つかったんだとか。

「(あの曲は)ジャケット買いしたんですって。レコードがすごい好きで、レコード屋に行って。今みたいに、その場で聞けないけど、ジャケットがかっこよかったから買ったんですって。

 家に帰ってから聞いて、『お、この伴奏……』と思って、ヒゲダンスで使ったらしいんですよ。もしそのときにジャケット買いしてなかったら、日本中の人、あの曲知らないんです」

 この話には千原ジュニアも「あの曲、有り物なんや」と、ドリフターズのオリジナル曲ではなかったことに驚いていた。

 ちなみに、あのヒゲダンスのテーマの元となったのは、ソウルミュージシャンのテディ・ペンダーグラス『Do Me』のベースライン。

 実はソウルにかぎらず、さまざまな音楽に精通し、自宅には多くのレコード・CDを持っている志村。この音楽センスがなければ、あのヒゲダンスも生まれなかったのだろう。

あわせて読みたい

「千鳥」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。