記事

千鳥・大悟が語った「志村けん」の素顔「最初はずっと敬語で…」

千鳥・大悟が語った「志村けん」の素顔「最初はずっと敬語で…」

 1月29日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ系)にて、お笑い芸人の千鳥・大悟がゲストで出演。大先輩である志村けんの意外な事実を明かしていた。

 ドリフ時代から長きに渡って活躍するレジェンドクラスの芸人・志村けん。さぞかし破天荒なのかと思いきや、そんなことはないという。

「すごいちゃんとした人というか、吉本的じゃなくて。いまでこそ僕に『おい大悟』って言うんですけど、最初のうちは、ずっと敬語やったんですよ。『芸人とはこうで……』って」

 さらに、こう語っていた。

「あのオーラで、敬語で、酒のんで、ピンクになって、(頭がハゲて)つるっとしてて、もうほぼフリーザ(笑)」

 このコメントに、MCのケンドーコバヤシは「お前、気に入られてるね。『ツルッとして』なんて言っていいのか」と驚き。

 さらに大悟は、志村の人気コント「ヒゲダンス」秘話も語っていた。
 ヒゲダンスのコント中に流れる、印象的なあの音楽は、たまたま見つかったんだとか。

「(あの曲は)ジャケット買いしたんですって。レコードがすごい好きで、レコード屋に行って。今みたいに、その場で聞けないけど、ジャケットがかっこよかったから買ったんですって。

 家に帰ってから聞いて、『お、この伴奏……』と思って、ヒゲダンスで使ったらしいんですよ。もしそのときにジャケット買いしてなかったら、日本中の人、あの曲知らないんです」

 この話には千原ジュニアも「あの曲、有り物なんや」と、ドリフターズのオリジナル曲ではなかったことに驚いていた。

 ちなみに、あのヒゲダンスのテーマの元となったのは、ソウルミュージシャンのテディ・ペンダーグラス『Do Me』のベースライン。

 実はソウルにかぎらず、さまざまな音楽に精通し、自宅には多くのレコード・CDを持っている志村。この音楽センスがなければ、あのヒゲダンスも生まれなかったのだろう。

あわせて読みたい

「千鳥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。