記事

米トランプ政権、風力・太陽光発電で政府所有地活用促進の動き

[2日 ロイター] - 米トランプ政権はカリフォルニア州の砂漠における再生可能エネルギー開発用のエリアを制限した計画の変更を検討している。連邦政府所有地での風力・太陽光プロジェクト推進に拍車がかかる可能性がある。

内務省の土地管理局が1日、エネルギー開発を妨げる規制の緩和の一環として発表した。

同局の担当者は「太陽光、風力、その他の再生可能エネルギーの開発での負担を軽減する必要がある」と述べた。

風力・太陽光発電業界はこの発表を評価する一方、カリフォルニア州当局者や環境団体からは批判の声が上がっている。

土地管理局はほかにも、石油・ガス探査に活用可能な連邦政府下の土地や海域を増やすため、同様の動きを加速させている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。