記事

春を占う米グラウンドホッグデー、今年は「予言」分かれる

[2日 ロイター] - 米ペンシルベニア州パンクサトーニーで2日、ジリスの一種の動物グラウンドホッグが冬眠から覚め、春の到来を占う毎年恒例の「グラウンドホッグデー」のイベントが行われ、今年は冬があと6週間続くとの予想になった。しかしニューヨークのグラウンドホッグは春の早い到来を予想、予言が分かれる結果となった。

毎年2月2日の日の出時にグラウンドホッグが巣穴から顔を出して自分の影を見ると北米で冬があと6週間続き、曇天で影が現れなければ春が早く訪れるとの予想になる。

今年の「パンクサトーニー・フィル」となったグラウンドホッグは、数千人が見守る中、現地時間午前7時20分に「予言」を発表。自分の陰を見たため冬が長引く予想となった。

一方、ニューヨークのグラウンドホッグ「スタッテン・アイランド・チャック」は影を見ず、春の到来が早い予想となった。

パンクサトーニーのグラウンドホッグデーは1886年に始まったもので、1993年のコメディー映画「恋はデジャ・ブ」(原題:Groundhog Day)で有名となり、現在はオーストラリアやロシアなど世界各地から見物客が訪れている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  4. 4

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  5. 5

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  6. 6

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  7. 7

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  8. 8

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

  9. 9

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

  10. 10

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。