記事

今回の名護市長選の結果は、翁長県政への批判と考えてよい。 - 2月4日のツイート

今回の名護市長選の結果は、翁長県政への批判と考えてよい。沖縄の政治に深く関わってきた者として言うと、基地問題とともに沖縄の発展にも配慮する政治的知恵が必要だ。翁長氏の知事選出馬は絶望的となったようだ。

名護市長選、3000票近い差がつきそうだ。この結果について、いま沖縄の仲間たちに電話してみた。やはり、米軍基地反対ばかりで、経済や社会保障への取り組みが軽視されたことが市民の不満を生み、勝敗を決したようだ。

名護市長選、渡具知武豊氏(自民、公明、維新推薦)が当選確実。辺野古新基地建設反対の一本槍では、地域の発展はないと有権者が判断したのであろう。沖縄知事選挙にも大きな影響を与えそうだ。

名護市長選。昨夜の予想通り、選挙結果は、渡具知武豊氏が20,389票、稲嶺進氏が16,931票。昨夜の電話取材通り、3,458票と大差。世界で最も危険な普天間基地の移転を最優先に、また経済発展・社会保障充実で県民の生活を豊かにすべきだ。翁長雄志知事の下では沖縄に明るい未来はない。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「スタバでMac」批判記事に呆れ

    かさこ

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    金美齢氏 老後の人生は自己責任

    みんなの介護

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    東芝子会社 約200億円の架空取引

    AbemaTIMES

  6. 6

    センター試験監督「憂鬱の極み」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    インフル流行防ぐ予防接種の役割

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    ゴーン逃亡の協力者か 映像公開

    AbemaTIMES

  9. 9

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  10. 10

    元自衛官 海自の中東派遣に疑問

    佐藤正久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。