記事

今回の名護市長選の結果は、翁長県政への批判と考えてよい。 - 2月4日のツイート

今回の名護市長選の結果は、翁長県政への批判と考えてよい。沖縄の政治に深く関わってきた者として言うと、基地問題とともに沖縄の発展にも配慮する政治的知恵が必要だ。翁長氏の知事選出馬は絶望的となったようだ。

名護市長選、3000票近い差がつきそうだ。この結果について、いま沖縄の仲間たちに電話してみた。やはり、米軍基地反対ばかりで、経済や社会保障への取り組みが軽視されたことが市民の不満を生み、勝敗を決したようだ。

名護市長選、渡具知武豊氏(自民、公明、維新推薦)が当選確実。辺野古新基地建設反対の一本槍では、地域の発展はないと有権者が判断したのであろう。沖縄知事選挙にも大きな影響を与えそうだ。

名護市長選。昨夜の予想通り、選挙結果は、渡具知武豊氏が20,389票、稲嶺進氏が16,931票。昨夜の電話取材通り、3,458票と大差。世界で最も危険な普天間基地の移転を最優先に、また経済発展・社会保障充実で県民の生活を豊かにすべきだ。翁長雄志知事の下では沖縄に明るい未来はない。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  9. 9

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

  10. 10

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。