記事

小室家の過去報道で「皇室のあり方」議論の方向性定まるか

【加熱する眞子さまのご結婚を巡る騒ぎ】

 国際基督教大学時代の同級生である小室圭さんと3月4日に結納をし、11月4日に結婚式を挙げることが決まった秋篠宮家の長女・眞子さま。しかし、「小室家の過去」についての報道が相次いでいる。

 まずは1月23日、『週刊女性』が「眞子さま義母が養っていた“彫金師の恋人”」と題した記事を掲載。小室さんの父・敏勝さんが2002年に自殺した後、小室さんの母・佳代さんが、アクセサリーなどに装飾を施す男性Aさんと2007年頃まで交際し、Aさんの生活が苦しくなると、自宅マンションにて住まわせていた時期もあったと伝えた。

 続いて25日、『週刊文春』と『週刊新潮』が、佳代さんの「借金問題」を報じた。

「佳代さんが、Aさんの後に交際した外資系商社マンのBさんに400万円以上の援助を受けたというものです。Bさんとは婚約もして、佳代さんは“圭の父親代わりになってください”とまで言っていた。しかしその後、婚約を破棄した後にBさんが返金を求めると、“贈与を受けたものだ”と佳代さんは主張。小室さんも同様の考えだったそうです」(皇室記者)

 Bさんは、その400万円以上のお金は小室さんの国際基督教大学(ICU)への入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料にあてられたと主張しているという。小室さんとの結婚は、秋篠宮家に限らず、皇室全体に暗い影を落とそうとしている。

「美智子さまは、何かよからぬ話が聞こえてくるたびに“大丈夫でしょうか?”“どうなっているのでしょうか?”と戸惑うそぶりをお見せになっているといいます。陛下の退位まであと1年ちょっと。皇后としての美智子さまの集大成でもあります。その重要なタイミングで、美智子さまの心に大きな負担がのしかかってしまっている現状は、とても看過できません」(宮内庁関係者)

 痛切の思いを抱いているのは紀子さまだ。

「最近、紀子さまは“両陛下に合わせる顔がありません”と、しきりに話されているそうです。その一端が垣間見えたのが、1月2日、皇居で行われた新年を祝う食事会でした。会が終わった後、皇太子ご一家に続いて、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが乗られた車がすぐに出てきたのです。

 これまでであれば、皇太子ご一家がお帰りになってから、数十分から長いと1時間以上、『両陛下と秋篠宮家』の歓談の時間があるのが普通だったんですが、その日は違った。よほど、早くお帰りになりたい“事情”があったんでしょう。

 秋篠宮ご夫妻は、お子さま方の意志を尊重される教育方針を徹底されてきました。それが裏目に出てしまったのかもしれません。秋篠宮ご夫妻の心配をよそに、眞子さまは小室さんとふたりだけの世界に入り込んでしまっているようで、ご夫妻の話に耳を傾けられないといいます」(皇室ジャーナリスト)

 眞子さまのご結婚を巡る騒ぎは、皇室の未来にまで影響を及ぼしかねない。

「眞子さまがお幸せになれないのではないかと、将来を憂う声はずっと囁かれています。小室家の報道が相次いでなされる背景には、結婚を見直して破談にした方がいいという一部の抵抗勢力の筋書もあるのではないでしょうか。幼少から眞子さまの成長を見てきた宮中関係者の中には、心から眞子さまの行く末を心配している人も少なくありません」(前出・宮内庁関係者)

 1人のプリンセスが意中の人と結婚できるかどうか。それは本人たちと両家にとっては重大な分かれ道かもしれないが、今回の問題はそれだけにとどまらない。小室さんについて調査を進めるある政治ジャーナリストはもう1つの筋書を指摘する。

「小室さんに関するさまざまな情報が出た上で、結婚してもらった方がいいと考える向きもあるんです。そうすれば、今後の皇室のあり方についての議論の方向性が定まるからなんです」

 現在の皇室にとって喫緊の課題は、しだいに減っていく皇族の数をどう維持するかというものだ。このまま人数が減り、男系男子だけで皇位を継承するとすれば、すでに若い皇位継承者が悠仁さましかいない現状を鑑みれば、そう遠くない将来に皇統が途切れてしまう可能性は充分にある。つまり、皇室の断絶である。それを避けるために、女性宮家の創設や女性・女系天皇の議論が行われた過去もある。前出の政治ジャーナリストがこう続ける。

「もし女性宮家が創設されていたとしたら、議論の行方によっては、眞子さまのお相手は『皇族』になる可能性がありました。もし女系天皇が容認されていたら、眞子さまの子供が『天皇』になることもありえる。

 それでは、騒動の渦中にある小室さんは、皇族になるのか? また、小室さんの子供が天皇になることについてはどうなのか? 今回の騒動は、女性皇族が選んだ男性、つまり配偶者であれば、皇室に迎えていいのかを国民が考えるいい機会になった。女性宮家や女系天皇を認めることの問題点がはっきりして、議論は進まなくなるだろう」

 両陛下は、皇位の安定的な継承を望まれている。そのためには、女性宮家や女性・女系天皇の議論は必須だ。しかし、今回の結婚が、それを妨げるものになってしまうとしたら──。皇室は今、大きなジレンマの濁流にのみ込まれている。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2018年2月15日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  5. 5

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  8. 8

    トランプ氏が天皇会見重視する訳

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ゴルフ外交 2首脳だけで話す価値

    和田政宗

  10. 10

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。