記事

小泉今日子の事務所独立、不倫宣言の真相は?

Getty Images

小泉今日子が堂々の「不倫宣言」

どうにも釈然としない。

歌手で女優として活躍中の小泉今日子の事務所独立宣言と、妻子持ちの俳優・豊原功補の〝恋愛告白〟である。もっとも〝恋愛告白〟と記したが、この場合は〝不倫宣言〟と言った方が正しい言い方だろう。

まず小泉だが、自ら立ち上げていた個人事務所「明後日」のホームページの中で「2018年1月31日をもちまして永年お世話になりました株式会社バーニングプロダクションから独立することになりましたことを報告致します」と切り出した上で、個人事務所については、3年前に「新しい夢のために設立した制作会社」とし、豊原は「設立した当初から力をお貸し頂いている」「同じ夢を追う同士だと思っている。また一部の週刊誌などで報道されている通り、恋愛関係でもあります」とコメントした。

さらに、豊原の「関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしております」としながらも「豊原氏にはご家庭があります」と言い「私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。インターネットや雑誌などには既に離婚されているという謝った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました」。

こういった事態に対して小泉は「豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があった」と自戒を込めて綴っているが、裏返せば、暗に所属事務所だったバーニングを批判しているようにも思える。

一方の豊原はというと、小泉のホームページのでのコメントを受けた形で、やはり自らのホームページに「互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っています。そして私が既婚者であることも事実です」と綴り「自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいと思っています。責任は私にあります」。

両者の告白に「潔い」という人もいるかもしれない。現に、松任谷由実は「堂々と不倫宣言。素晴らしいじゃないですか。小泉今日子さんらしい」などと、トンチンカンな言い方をしている。だいたい「小泉今日子らしい」というのが何なのかわからない。「常識ではない」ということか?どっちにしても、ユーミンも、そんなことを言ってるようじゃ、もはや時代感覚がズレているというしかない。

ま、所詮は恋愛なんて身勝手な感情なのだろうけど、小泉と豊原の場合は、一応は、豊原の家族のことを考えているようなフリをしながら、実は自分本位の考え方しかできないのだろう。厄介である。

離婚しない豊原功補にしびれを切らした?

BLOGOS編集部

というのも小泉は、デビュー以来、何だかんだと言いながらも事務所に守られ順風万風にやってきたことは紛れもない事実だ。が、世の中、そんな総てが自分の思い通りに行くものではない。明らかに「勘違い」と言うしかない。小泉のコメントを読む限り、どう見ても「(別居しながらも)別れようとしない」豊原と奥さんに対しての宣戦布告としか思えない。

もちろん、小泉は豊原と「結婚したい」とまでは言っていない。だけど、自分が原因で「離婚した」とは言われたくないけど、実際には「私の方が関係が深いわけだし、(彼の)才能を伸ばすためにも、もう自由にしてやりなさいよ」と言いたげ。それに対して豊原は「私の責任です」。役者なのに、その言葉に説得力はない。3日の夕方に記者会見を開いたが、そこでも「離婚」などについては曖昧に答えるなどお茶を濁した。

確かに、不倫は悪いが「犯罪ではないから…」という声もある。単に「倫理上」の問題なのかもしれない。しかし、離婚裁判になったら確実に小泉、豊原は負けるだろう。そうしたら「慰謝料」ってことになる。結局、負けるということは「罪を犯した」っていうことでしかないと思うのだが。

かつて〝魔性の女〟と言われた女優の葉月里緒奈が真田広之との不倫でバッシングを受けた時、葉月は「奥さんがいたら、(付き合っては)いけないんですか?」とか「好きな人にたまたま奥さんがいただけ」などと嘯いたが、意外に小泉も似たり寄ったりの考え方なのだろう。ただ、それが50歳過ぎての行動だけにタチが悪い。

いずれにしても、今回のことを一般論で述べてきたわけだが、とは言っても一般論で片付けられないのが、2人が言うところの「同士」と言うワードだろう。かつて、女優の斉藤由貴が尾崎豊さんとの不倫がバレた時にも「同士」なんて言っていたが、正直言って「同士」って言えば何でも許されると思っているのだろうか?あるいは恋愛をも超えた関係とでも言いたのだろうか?

もちろん豊原は、俳優としては才能もあるし、実績、実力もある。しかも既成の芸能プロダクションには批判的な考えを持っているようである。おそらくエージェント・スタイルで何でも自分で出来ると思っているのだろう。舞台や映画、テレビドラマだって自分の力で出来る…。それは、ある意味で時代の流れだろうし、そういった考え方自体は素晴らしいことだと思う。

芸能界で、そういったビジョンを持った豊原の生き方に小泉が引き込まれていったのだろう。ある意味で「洗脳」のようなものかもしれない。しかし、豊原と出会ったことで、自らの制作会社「明後日」を設立し、ある時には業界、プロダクション批判をするようになった…。小泉は2月4日に52歳を迎えた。誕生日の前に区切りをつけたかったのかもしれない。

「同じ夢を追う同士」と言えば「志を共にするパートナーシップ」と返す。

そう言われたら「なるほど…」となるかもしれない。で、今回はそれで終わりにしておけば波風も最小限で済んだはずだが、「恋愛関係にある」なんて余計なことを(2人にとっては、それが重要なことかもしれないが…)言ってしまうからややこしくなった。

会見で豊原は小泉を「天然記念物のような人」なんて意味不明な表現をしていたが、おそらく「2人で芸能界を変えていこう」なんて夢を語り合っていたに違いない。が、いくら才能や実力があっても、女房や我が子も守りきれず、先送り状態で中途半端にし続けてきたことは明らか。その結果として小泉に背中を押されてしまったとしか思えない。そこで何か言いたいことがあるのかと思えば「自分の責任」と言って誤魔化す。まるで石橋を叩きながら状況を探っているようで「何とも姑息な男」と言うのが率直な印象である。

そんな男がいくらビジョンを語ったところで世の中に共感はもたれないだろう。

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    植松被告 翌朝小指噛みちぎった

    篠田博之

  3. 3

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  4. 4

    漫画村を追い詰めた天才ハッカー

    文春オンライン

  5. 5

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  6. 6

    「安倍は嘘つき」桜の会で浸透か

    メディアゴン

  7. 7

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  8. 8

    志位氏の長期独裁に触れぬ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

  10. 10

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。