記事

大量なミサイル、爆発物発見、行く先韓国? フィンランド

[画像をブログで見る]

フィンランドからの報道によると、同国警察は2011年12月21日、中国・上海港に向かう船舶から69発の地対空ミサイル・パトリオット や爆発物などが見つかり、調査を開始したと発表した。ミサイルなどは首都ヘルシンキ東方約120キロにあるコトカKotka港で、英国船籍の船舶に対する税関検査を実施した際に見つかった。この船舶には約30人(別記事では32人)の乗組員がいるという。参照記事

ロシア紙によれば貨物船は「Thor Liberty」で、現在フィンランドで拿捕されており、フィンランドの親聞「イルタ・サノマットIltaSanomat」の情報によると、同船舶はドイツから韓国に向かっていたが、指定のルートではなくフィンランドの港にいたという。ある情報によると、貨物船は木材を積み込み、その後、中国や韓国方面へ向かう予定だった。拿捕は12月15日だった。

[画像をブログで見る]

フィンランド側でも、その後余り多くの情報を得ていないところを見ると、何か相当複雑な流れのようだ。フィンランド紙は疑問として、どこからフィンランドはこの情報を得て拿捕したのかと書き「ロシアから?」と推測を書いている。参照記事

2011年12月13日ドイツ北部 Emdenを出向したこの貨物船(写真)は、最終的に、どこへこの大量な防空用の対ミサイル用ミサイルPatriot anti-missile missilesを陸揚げする予定だったのか?貨物船はアイルランドのマン島の旗an Isle of Man-flaggedを掲げ、ミサイルには「花火 fireworks」との表示がされていた。

[画像をブログで見る]

船主Thorco Shippingもこの事実に驚き、160トンの爆発物が同時に積まれていたにも関わらず梱包や扱いは粗末で、間違って積み込まれたとの情報もある。この米国製のミサイルは米国、およびその同盟国に配備され、韓国も配備国に含まれている。マスコミは一様に、「ありえない事が起きた」と報道している。今のところ、とんでもない「迷子荷物」のようだ。 参照記事

2011年12月23日:その後、これが韓国行きの正規輸送品だったと確認された。 それにしても、船主も知らなかったミサイルと言うのも不思議な話。かといって、ミサイル積んでるとは公表するわけもない。真実は闇の中か、、。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。