記事

インフルエンザで「早めの受診」が必要なのはどんな人?

1/2

インフルエンザが大流行である。Yahoo!ニュースに■インフルエンザで「早めの受診」は間違いです! (新潮社 フォーサイト)という記事が載った。コメント欄やブックマークは賛否両論だ。

読んでみたところ、いいことも書いてあれば、首肯できないことも書いてある。持病などがない健康な成人がインフルエンザに罹っても軽症なら「早めの受診」が不要であるのは(医学的には)事実である。リンク先の記事では、あたかも「軽症患者が集中したら医療機関がパンクするから我慢しろ」と言っているかのように読めるが、医療機関の都合とは無関係に、個人レベルの利得のみを考えてもインフルエンザ流行期における軽症患者の受診はお勧めできない。

ほとんどの場合、インフルエンザは薬を使わなくても自然に治る。抗インフルエンザ薬は症状緩和までの時間を約1日間早める効果があるので、症状がとてもつらい人は薬から得られる利益もあるが、それほどでもない人にとってはあまり意味がない。それに、もしインフルエンザでなかったら受診のときに感染してしまうリスクまで負う。インフルエンザの流行時に軽い症状で医療機関に受診するのは割に合わない。私だったら高熱や関節痛や倦怠感といった典型的なインフルエンザの症状があっても、市販のアセトアミノフェン(解熱薬)でも飲んで家で寝ているのを選ぶ。

厚生労働省のサイトには「具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう」と書いてある。Yahoo!ニュースの記事では「国の方針がまず間違っています」としているが、好意的に解釈すれば「具合が悪くなければ医療機関を受診しなくてもいい」ということなので、厚生労働省の方針は間違っているとまでは断言できない。しかし、具体的にどのぐらい具合が悪ければ受診が必要なのかは書かれていない。責任問題にもなりかねないので明示できないのかもしれない*1。厚生労働省は間違ってはいないが、以下のように言っているように見えるのだ。

[画像をブログで見る]
具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう・・・・・・
だが・・・今回 どの程度具体が悪ければ受診するべきか指定まではしていない
そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい

あわせて読みたい

「インフルエンザ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打めぐり拡散されたデマ

    かさこ

  2. 2

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  3. 3

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  5. 5

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  6. 6

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  7. 7

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  9. 9

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    邦人逃亡犯はなぜフィリピンへ?

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。