記事

共産党と朝日新聞がまた「新録音」で恣意的疑惑づくり

昨日の参院予算委員会で、共産党の辰巳氏が、籠池氏と総理夫人との電話のやり取りの「新録音」を入手したとして質問。

総理夫人が「頑張って」と言ってくれたなどと籠池氏が一方的に述べている。

しかし、これは関西テレビが昨年8月にすでに放送しているもの。

https://www.ktv.jp/runner/backnumber/20170803.html

再び朝日新聞に言う。

ジャーナリズムとして恥を知るべき。

朝日新聞は「『捏造』とは、存在しないことを存在するように偽ってつくること」と自ら述べているではないか。

新たな録音でないものを「新録音」と書くのは、朝日の言う「捏造」ではないのだろうか。

今回は、毎日新聞やNHKまでもが「新たな録音」と報じ、恣意的疑惑づくりに加担している。

毎日の報道姿勢がせっかく事実に基づくようになってきたのに、こうした記事は全く残念。

NHKにおいては、事実に基づく報道を追求しなくてはならないのにこんな記事を書くとはどうかしている。

『(時時刻刻)森友、掘れば掘るほど 「廃棄」のはずが新文書 新録音に首相夫人の名』(朝日新聞)

https://www.asahi.com/articles/DA3S13341588.html

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。