記事

【読書感想】プロ野球 奇人変人列伝

1/2

プロ野球 奇人変人列伝 (詩想社新書)

プロ野球 奇人変人列伝 (詩想社新書)

Kindle版もあります。

プロ野球 奇人変人列伝 (詩想社新書)

プロ野球 奇人変人列伝 (詩想社新書)

内容紹介

ノムラが見た球史に輝く強烈キャラクター52人を選出! !

・徹夜で麻雀をして、球場入りするなり出番まで医務室で寝ている選手

・交代のためマウンドに来ようとする監督を、怒鳴ってベンチに追い返す投手

・財布を持ち歩かない、とんでもなくケチな選手

・素振りもせず、常に鏡の前でフォームばかりチェックしている不思議なバッター

・ラフプレーが日常茶飯事のケンカ野球の申し子

・野球の監督というより、軍隊の上官のようだった監督・・・など

球界に携わって60年以上の著者が、

アクの強すぎる名選手たちの、いまでは想像もつかないような

超ド級の「変人伝説」を大公開!

日々、高いレベルでしのぎを削るプロ野球界の意外な一面が垣間見えてくる。

 野村監督、よくここまで実在の選手のことを書いたなあ、という感じです。

 紹介されているのは、最近の選手はほとんどおらず、野村監督が現役時代に一緒にプレーしていた選手が多いんですけどね。

 「チームプレー」が大事なはずのプロ野球も、いまから半世紀前くらいまでは、こんな「野球は上手いけど、人間性に問題がある選手たち」が我が物顔で主役をつとめていたのか、と驚かされます。

 金田正一さんの項より。

 日本球界で唯一の400勝を達成した人だけに、やはり普通ではないのだ。強烈に我が強く、頑固でわがままという面では、人を人とも思わないようなところもあった。

 国鉄時代のニックネームは「金田天皇」だった。4回までに味方が大量リードすると、自ら登板を志願し、人の勝ち星を奪うワンマンぶりは歴代監督も制御できなかった。

 金田さんが登板しているときに、監督がマウンドに行こうものなら、金田さんが「帰れ!」とマウンド上から監督をベンチに追い返すということが何度もあった。

 私が目撃したのは、浜崎真司さんが国鉄の監督のときだった。浜崎さんも選手時代は偉大な選手であり、尊敬を集めていたのだが、マウンドに向かおうとすると、金田さんは「コラーッツ」と一喝してベンチに追い返していた。こんな我の強い選手を見たのは、後にも先にも金田さんしかいない。

 400勝はすごいけど、この「4回まで大量リードしていると、登板を志願して人の勝ち星を奪う」って、ひどいよなあ。奪われるほうはたまらない。今のプロ野球でも、シーズン終盤で最多勝がかかっている、というような状況なら、1試合くらいはありえるかもしれませんが。

 今の時代にこんな選手がいたら「チームの和を乱す」ということで、飼い殺しにされるのではないかなあ。それでも、野球が上手ければなだめすかして起用するのが首脳陣の手腕、ということになるのでしょうか。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。