記事

北朝鮮「美熟女団長」は金正日の“最後の愛人”だった


【銃殺されたとの報も流れたが…(AFP=時事)】

 平昌五輪での公演を前に1月21日から韓国を訪れた北朝鮮の「五輪視察団」。その中でひときわ目を引いたのが、シルバーフォックスのファーコートを優雅に着こなす管弦楽団団長の玄松月(ヒョン・ソンウル)氏だ。韓国メディアはこの美熟女の動向を追うため大騒動を繰り広げた。

「取材団は視察団に張り付き、『朝食はアワビ粥』、『バッグはエルメス』などと彼女の一挙手一投足を熱心に報じたが、一般市民からは『まるで大名行列』、『北朝鮮のプロパガンダに乗るな』と批判の声も上がっていました」(韓国紙記者)

 そもそも玄氏はどのような人物なのか。北朝鮮情勢に詳しいデイリーNKジャパン編集長の高英起氏が語る。

「玄氏の年齢は40歳前後で、北朝鮮のかつての大スター歌手です」

 玄氏は1990年前半、平壌音楽舞踊大学を卒業。後に故・金正日総書記の肝いりで結成された普天堡(ポチョンボ)電子楽団で歌手として名を馳せた。

「玄氏は2006年頃に表舞台から姿を消し、『金正恩と男女の仲になったことが金正日の逆鱗に触れ、粛清された』との噂が流れた。だが実際は、『金正日の“最後の愛人”になったから』との有力証言を北朝鮮の情報筋から得ています」(前出・高氏)

 玄氏にまつわるスキャンダルは他にもある。2013年には、北朝鮮で“ご法度”とされるポルノビデオに出演、販売に関与した嫌疑がかけられ「公開銃殺刑にされた」と朝鮮日報が報じた。

 死んだはずの玄氏がその後、金正恩が立ち上げた北朝鮮版ガールズグループ「牡丹峰楽団」の団長に就任したことで、結局は韓国メディアの誤報だったことが分かった。現在は、朝鮮人民軍大佐、朝鮮労働党宣伝煽動部副部長などの要職を兼任する。

「一歌手としては異例の出世です。金正日の寵愛を受けた彼女が金ファミリーに近い存在であることは間違いない」(高氏)

 玄氏は平昌五輪開催期間に再び訪韓を予定しているというが、謎多き北朝鮮美熟女が率いる美女楽団は、いまいち盛り上がりに欠ける五輪の起爆剤となるのだろうか。

※週刊ポスト2018年2月9日号

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  3. 3

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  4. 4

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  5. 5

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  6. 6

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    物流倉庫の過酷な労働環境 Amazonの利用者が気にしない従業員の待遇

    非国民通信

    04月12日 18:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。