記事

米グーグル、多様性ある検索表示を目指す 偽ニュース対応で

[サンフランシスコ 30日 ロイター] - 米インターネット検索サイト大手グーグル<GOOGL.O>は30日、検索結果について「より幅広い視点」の内容を優先して表示する仕組みを導入すると発表した。誤解を生じかねない情報や「偽ニュース」への対応の一環という。

新しい検索結果の表示方法や、声による入力への対応については、まだ決定していないとしている。

グーグルの検索部門担当者によると、利用者が「爬虫(はちゅう)類はペットに適しているか」との質問を入力すると、グーグルのサイトは通常、爬虫類は良いペットとの内容を含む関連性の高いインターネットのページを表示する。ただ、利用者は「爬虫類はペットに適さない」との情報も求めており、そういった内容の情報表示も意味があるとしている。

もし、他の質問に対しても多様な内容の答えを表示できれば、誤りを含む情報から利用者を守ることができるという。

またグーグルは、検索結果が利用者の求めている内容に適合しない場合、分かりやすく知らせる新しい表示方法も検討中だとした。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。