記事

ブラックストーン、トムソン・ロイターF&R部門への出資を協議

[ロンドン 30日 ロイター] - 米プライベート・エクイティ(PE)会社ブラックストーン<BX.N>が、トムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>のファイナンシャル&リスク(F&R)部門の株式55%程度の取得に関する協議を進めているもようだ。関係筋3人が29日明らかにした。

買収額は170億ドル以上で、全額キャッシュとみられる。

トムソン・ロイターは、協議が進展した段階にあることを認めた。

関係筋によると、トムソン・ロイターの取締役会は30日、ブラックストーンの提案について協議する予定。

F&R部門はニュース、データ、分析などを世界の銀行や投資会社に提供する部門で、トムソン・ロイターの年間売上高の半分以上を占める。

同社は29日夜、発表文で「F&R事業におけるパートナーシップの可能性について、進展した協議を行っている」と説明。詳細については明らかにしていない。

ブラックストーンはコメントを控えた。

トムソン・ロイターの取締役会がブラックストーンとの交渉で合意した場合、トムソン・ロイターにとっては、2008年にカナダのトムソンコーポレーションがロイターを87億ポンドで買収して以来、最大の組織改革となる。

関係筋によると、ブラックストーンの提案した条件ではトムソン・ロイターがF&R部門の株式45%を保有することになる。トムソン・ロイターは、新会社の経営陣を決定する権利を持たない。

関係筋は、買収は最終決定ではなく合意に達しない場合もあると述べた。

ロイターの株式が上場した1984年に設立され、同社の編集権の独立を監督してきたThomson Reuters Founders Share Companyが、買収提案をどう判断するかは不明だ。

トムソン・ロイターは、カナダのトムソン一族がウッドブリッジカンパニーを通じて株式の63%を保有しており、時価総額は約310億ドル。これまでに200以上の買収を行ってきたが、金融危機で打撃を受けたF&R部門を中心に、一部の資産において統合に苦慮している。

トレーディングが減少し、顧客となる銀行や証券会社の成長も鈍化した。ただ、リスク関連の規制が強化される中で、規制やコンプライアンスを巡る事業には明るい兆しもある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  6. 6

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  7. 7

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  8. 8

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  9. 9

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。