記事

「BLOGOS」の男系原理主義者の奇妙な記事

「BLOGOS」に奇妙な記事が載っている。
「皇位継承に男女平等を持ち込むのは変でしょ」と題されたブログだが、あまりの無知と暴論に唖然としてしまった。 

男女による差別を認めないのなら、血統による差別も認めてはいけないはずで、それだったら天皇制を廃止するしかない。
血統による差別を認めるのなら、男女差別も認めるべきで、それなら天皇は男系男子に限るべきだ!
…というのがその主張だ。 

皇位継承が血統による一種の「差別」であるとはいえよう。
だからこそ左翼やリベラルの中にも、「天皇制廃止」を主張する者はいる。

しかし、そもそも「男女差別」と皇位の「血統差別」はセットでもなければ、不可分のものでもない。
「天皇の血統を継いでいれば、男女の別を問わない」というのは矛盾でもなんでもなく、むしろ明治以前はそれが原則だったのである。

天皇を「男系男子」に限定したのは明治の皇室典範が最初である。
それまでは『養老令』で女帝の子にも皇位継承資格を認めていた。
そして実際に女系継承は、天智天皇と元正天皇の2例存在する。
この2例を「男系」と位置付けているのは、明治以降の後付けの理屈である。

「天皇の血統を継いでいれば、男女の別を問わない」
これが皇位継承の原則であり、それは近代の人権感覚でもなければ、「法の下の平等」の感覚でもない。
古代からの伝統的感覚である。
むしろこれを否定して「男系男子」にこだわる方が、伝統から外れた「近代感覚」なのである。

それにしても、この筆者は、
「男女差別に反対するなら、血統差別も反対しなければならない。だから天皇制廃止!」
と主張したいのか? それとも、
「血統差別があるのなら、男女差別もあっていい。天皇制があるのなら、日本は男尊女卑でいい!」
と主張しているのか?
それを明らかにしていないのは、卑怯である。 

日本の伝統を「原理主義的ルール」と捉えるのは、マルクス主義的歴史観と同じで、歴史を知らない愚か者である。

あわせて読みたい

「天皇制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。