記事

金正恩「拷問部隊」の飢餓状態でただよう不穏な空気

金正恩氏(朝鮮中央通信)

かつての北朝鮮は、世界でも類を見ない配給国家だった。大多数の北朝鮮国民は、国から配給される食糧や生活必需品に頼り、決して豊かではないが安定した暮らしを営んでいた。

それが変わり始めたのが、共産圏の崩壊が相次いだ1980年代のことだ。1987年ごろから食糧の配給量が減り始め、1990年代に入って遅配が増加した。そして、1995年ごろからは配給が完全に途絶えてしまったのだ。

そのとき、「食糧問題はいつか国が解決してくれる」という考えを変えられなかった人々は、次から次へと餓死した。その数は数十万人単位になると言われている。これが、1990年代後半の食糧難「苦難の行軍」だ。

(参考記事:「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

そんな時代でも、配給が得られていたのが国家保衛省(秘密警察、当時は国家安全保衛部)と人民保安省(一般警察、当時は社会安全部)の関係者だ。独裁体制を支える「恐怖政治」の執行機関として、軍よりもはるかに厚遇されていたからだ。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

とくに、政治犯に対する拷問や公開処刑を担当する国家保衛省の権限は絶大であり、彼らなくして今日の金王朝はなかったとも言える。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

しかし今、そんな彼らに対する配給が止まってしまっているという。咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に伝えたところによると、配給が途絶えたのは昨年末からのことだ。

「地方の保衛員に行われていた配給が昨年12月から途絶えた。一時的なものかどうかはわからないが、こんなことは初めてだ」(情報筋)

また、別の情報筋も「清津(チョンジン)市の羅南(ラナム)区域の保衛部は、配給が途絶えてから2ヶ月になる」と伝えた。市内の他の区域でも状況は同じだとのことだ。

実際は過去にも配給の停止があった。2012年9月、両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、現地の保衛部などへの食糧配給が途絶えたと伝えた。しかし、その後再開したものと思われる。

町では、今回の配給停止の話題で持ち切りだ。地域住民は「ありえないことが起きている」と騒いでいる。詳細は不明だが、過去の配給停止とは何か様子が違うようだ。ちなみに、再開されるかどうかについては何ら情報がないとのことだ。

情報筋は「配給中断は道内だけなのか全国的に広がっているのかわからない」としつつも、保衛部への配給が途絶えるぐらいなら、国全体が深刻な状況に陥っているのではないかと住民の間には緊張が走っていると伝えた。

心配事はそれだけでない。食糧事情がひどくなれば、保衛員、保安員による横暴がひどくなるおそれがあるからだ。

普段から、保安員や保衛員は、市場の商人に上納金やショバ代をを要求する。それ以外にも、保安署(警察署)の署長や幹部に肉と酒を納めなければならない。拒否すれば商売を禁止し、商品を押収した上で、罰金をむしり取る。配給の停止で、生き残るためにカツアゲに精を出すのが火を見るより明らかだということだ。

今回の配給中断が、食糧難の深刻化によるものかどうかは、今のところわかっていない。しかしいずれにしても、国際社会による経済制裁の影響とは無関係ではないはずだ。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。