記事

日馬富士暴行現場はモンゴル横綱がモンゴル若手締め上げる会?

画像を見る

貴乃花文書の衝撃内容とは(共同通信社)

 昨年12月20日に公表された、日本相撲協会の危機管理委員会がまとめた「調査結果報告書」をもって、元横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行事件については終結としたい協会執行部。ところが、貴乃花親方は昨年末、代理人を通じて2通の意見書を協会に提出していた。

 取材によれば、協会の報告書は日馬富士ら加害者側の言い分により白鵬が不利にならないよう記している部分が多いのだという。とにかく協会の報告書と貴乃花親方の意見書に数々の食い違いが見られるというのだ。ただ、貴乃花親方の「意見書」が、結果として白鵬の振る舞いを指弾するような内容となったのは、当然の帰結という見方もある。貴乃花一門の関係者はこういう。

「事件当夜の会合には他にも、モンゴル勢のガチンコ力士が呼び出されていて、その力士は理由をつけて欠席したという証言もある。要するにあの会合は、白鵬を筆頭とするモンゴル人横綱たちが、若手モンゴル人力士を呼びつけて締め上げる会だったのではないか」

 現役時代からガチンコ相撲を貫いてきた貴乃花親方がそうした会合自体を問題視するのは当然だろう。

「角界の最高位を占める同郷の横綱から呼び出され、その場で殴られれば、若手力士は当然、委縮する。その場だけでなく、本場所の土俵でも、全力でぶつかっていけるかどうか。

 しかも、危機管理委員会が作成した報告書では、“会合にモンゴル勢が揃ったのは偶然”というニュアンスが強調されていた。そうした協会側の姿勢に、貴乃花親方が不審を抱くのは当然ですよ」(ベテラン記者)

 事件当夜の会合にしても、貴乃花親方は「貴ノ岩が鳥取城北高のOB会だということで、出席も認めましたが、“モンゴル勢の集まり”とわかっていれば許さなかっただろう」(貴乃花一門の親方)といわれている。

 そうした経緯があったにもかかわらず、協会執行部側には白鵬の責任を厳しく追及する動きはなかった。

「むしろ、白鵬を中心に土俵の充実を図るため、白鵬がモンゴル国籍のまま『一代年寄』が襲名できるよう内規改正を検討する動きまである」(前出のベテラン記者)

 貴乃花親方と協会執行部の「溝」が埋めがたいほど深いのは間違いない。協会に貴乃花親方の「意見書」の内容について見解を求めたが、「危機管理委員会による調査報告書の通りです」とするのみだった。

※週刊ポスト2018年2月9日号

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  6. 6

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  7. 7

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  8. 8

    ワタミ ホワイト企業表彰で喜び

    わたなべ美樹

  9. 9

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  10. 10

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。