記事

はれのひ倒産社長会見に愚考する〜BtoC企業の倒産は経営者の矜持不足が悲劇を招く

1/2

 今回は9年前のリーマンショック不況時の話からおつきあいください。

 2008年9月29日にアメリカ合衆国下院が緊急経済安定化法案を一旦否決したのを機に、ニューヨーク証券取引市場のダウ平均株価は史上最大の777ドルの暴落を記録します。

 金融危機はヨーロッパを中心に各国に連鎖的に広がり、さらに10月6日から10日まではまさに暗黒の一週間とも呼べる株価の暴落が発生し、世界規模の金融危機がやってまいります。

 日本でも日経平均株価が暴落したほか、生命保険会社の大和生命保険が破綻しました、リーマンショックに伴う世界金融危機が始まりました。

 当時、私は零細IT業を営みつつ、複数の企業の経営コンサルもさせていただいておりましたが、クライアント企業の倒産をブログで取り上げさせていただきました。

 9年前の元旦の無念のエントリーであります。

2009-01-04 不況の中倒産するまで雇用を維持し続ける中小零細企業の矜持
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20090104

 「経営危機に陥ってしまったクライアント」への対応で大晦日まで働きついに正月に寝込んでしまったことを報告しています。

 折からの不況で、私のクライアントの一社が倒産に追い込まれ、その他にも資金繰りに行き詰まり経営危機に陥ってしまったクライアントのフォローアップなどで年末の31日までいろいろな雑事に追われてしまいました。

 仕事とはいえ人様の会社のコンサルをしつつ自らの会社の経営もこなさなければならないので、本来なら積み残した仕事をこなすべく正月返上で業務をしなければいけない状況なのですが、正直、今回は精神的にも疲れてしまって正月三日間は完全に休養日とさせていただきました。

 ふう。

 仕事ですから、弱音を吐くわけにはいかないのですが、独立以来、こんなにも精神的に苦痛でしかし忙しい年末は私にとっては初めてのことでした。

 倒産した町工場の経営者のご夫妻のことを取り上げています、ご夫妻は自己破産されるわけですが、「不況の中雇用を維持し続けるのは、人が物つくりの中心である零細業においては立派な施策」であると。

●不況の中雇用を維持し続けるのは、人が物つくりの中心である零細業においては立派な施策

 先月倒産した私のクライアントの話をご紹介しましょう。

 目の前で夫(社長)が自己破産手続きの書類にサインするのを気丈にも夫の肩に手を添えて見守る奥さんの姿、5号認定(年末の特別融資枠)の希望申請枠が審査が通らず半減され、資金繰りに窮し越年を断念、倒産を選択したこのご夫妻は、自己資産のすべてを失い、自己破産されました。

 日本の場合、信用力のない中小零細企業が資金を金融機関から借りる場合、金融機関は例外なく代表取締役個人の連帯保証を求めますから、会社が倒産や解散する場合、日本の多くの事業主は連帯保証人として財産が没収され、多くの場合それでも足らないので自己破産の道しか残されていないのです。

 ご夫妻には中学生と小学生の二人のお子さんがおられますが、企業家として立派だと思えたのは廃業の際、わずかに残っていた自己資金を全て、これから年の瀬だというのに職を失う、最後まで雇用し続けていた6人の従業員達にあてがったことでした。

 一人当たりとしてはわずかな金額ですが、愛する家族よりも、愛する従業員を優先させる、起業家としての最後のけじめなのでしょう。

 同じく家庭と会社を持つ立場として、この社長の悲壮なしかし立派な行動に私は深い感銘を覚えました。

 また職を失った6人の従業員の人々も、誰一人この社長夫妻を恨むこともなく、最後には給与は半分にまで減らされていましたが、限界まで雇用し続けたご夫妻に感謝の言葉を繰り返していました。

 大企業が振りかざす一般の経営論からすれば、不況の中、雇用を維持し続けるのは愚策となりましょうが、人が物つくりの中心である零細業においては、これは立派な施策なのであります。

 そして、これぞ、実業者としての矜持(きょうじ)というものでありましょう。

 このエントリーで私が特に強調したかった点は、上記文中のこの事実です。

 日本の場合、信用力のない中小零細企業が資金を金融機関から借りる場合、金融機関は例外なく代表取締役個人の連帯保証を求めますから、会社が倒産や解散する場合、日本の多くの事業主は連帯保証人として財産が没収され、多くの場合それでも足らないので自己破産の道しか残されていないのです。

 ・・・

 ・・・

 500社以上の多くの個人事業主や中小零細企業とお仕事をさせていただきましたが、多くの倒産や自己破産とも関わらせていただきました。

 そんな私のつたない経験から、倒産する経営者にも矜持というものがあるという話をしたいのです。

あわせて読みたい

「はれのひ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  2. 2

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  3. 3

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  4. 4

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    マツコ 人付き合いない方がいい

    キャリコネニュース

  6. 6

    日本が韓国を提訴 金融支援巡り

    ロイター

  7. 7

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  8. 8

    英語化する日本語 次はイキガイ?

    My Big Apple NY

  9. 9

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  10. 10

    韓国の反日化は半島統一が狙い

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。