記事

ほう、私のブログも篠田さんのハートに火を点けることぐらいは出来るようだ

面白いことがあった。
国際政治学者の篠田氏の論稿にちょっと異論を呈して見たら、篠田さんが私を名指しして反論を書いてこられた。

世論を盛り上げ、憲法論議を活性化するためにはこのくらいのことがあってもいいだろう。
テーマは、自衛隊は、軍隊か否か、である。

事は軍隊の定義に関わるもので、軍隊の定義次第で如何ようにも議論を展開出来るのだから、口角泡を飛ばしで大真面目に議論しても仕方がないのだが、頭の体操としてはほどほどの材料になるだろう。

ちなみに、私は、自衛隊は自衛隊でしかない、という立場に立っている。

篠田さんは、どうしても自衛隊を軍隊だと言いたいようだが、自衛隊違憲論はお取りにならないようだ。
自衛隊は、合憲だが軍隊ではある、という結論に持って行かれたいのだろうが、まあ、軍隊と言い切ってしまえば自衛隊は違憲の存在だ、という議論を呼び起こしそうなので、私は、あくまで自衛隊は自衛隊だ、と言うことにしている。

政府の立場としては、自衛隊は国際法上は軍隊として扱われることがある、国際的には軍隊だ、ぐらいに留めておくのではなかろうか。

自民党の中だけで議論すれば、自衛隊は国際法上の軍隊に当たるのだから、この際憲法の明文でもって自衛隊を軍隊として位置付けるべきだ、憲法改正するのなら、自衛隊を国防軍とか防衛軍という名称にすべきだ、などという議論にまで発展しそうだが、今の政治状況ではそういう議論は当分封じ込めておこう、ということになるはずである。

ちなみに、篠田さんは、日本の現在の憲法は国連憲章を踏まえて作られている、という立場にたっておられるようだ。
確かに国連憲章の方が日本国憲法より先に出来てはいるが、私の理解では、当時の国連は第二次世界大戦の戦勝国連合であって、日本は国連に加盟していない。

日本国憲法の骨格はGHQが作っており、アメリカの側からすればアメリカが作った憲法、日本側からすればGHQの承認を得て日本の内閣が作成し、日本の国会が承認し、日本の天皇が発布した憲法、ということになる。

まあ、不戦条約の理念が根底にあるが、私には日本国憲法は国連憲章を踏まえて作られた憲法、などとはちょっと言えない。

それにしても、篠田さんはお若い。
面白いことを言われる方ではある。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。