記事

2酸化塩素のインフルエンザ予防 みんな騙されちゃいけない

インフルエンザ大流行中です!(インフルエンザが大流行 患者数283万人、過去最多)今年はワクチン供給が不足したためなのかな。

私も今までもいっぱいインフルエンザに関する記事は書いてきましたが(予防法を書いてある例)、信頼できる良記事を読んでへんなものに騙されないようにしましょう。(大流行のインフルエンザB型「熱が出にくいって本当?」「ワクチンは?」いま知っておきたいこと
>(B型インフルエンザに対する)現在のワクチンは両方をカバーする
これが実臨床におけるB型が「熱が出にくい」一番の理由かな?Aは本当たまに大外れするからな。こんな記事もありました。(インフルエンザに「当たり年・外れ年」がある理由

そうへんなものといえば、テレビで流れる2酸化塩素でのインフルエンザ予防。以前も記事を書いていますが、企業HPからの引用です。
>6畳相当の閉鎖空間で空気を撹拌(循環)させたところに、二酸化塩素発生装置を用いて空気中の二酸化塩素濃度を0.01ppmに保ち、浮遊するウイルスの一種と菌の一種の除去率を調べた結果、浮遊ウイルスは180分間で99%、浮遊菌は120分間で99%除去できることが確認できました
この文章の意味するものは室内のウイルス除去(減少)ができるということ。しかしウイルスを100分の1に減らしたからといって、部屋でのインフルエンザ感染や、街中でのインフルエンザ感染を予防(減少)できたというエビデンスは全くありませんからね。(8年前のデータ)それでもほとんど害もないからテレビでああやってCM流せるんだよな。

またあと首からかけるタイプなんてどれだけ意味があるのかな。
>大気の流れ、周囲の状況等によって期待される効果を得られない場合があります。また、本品は屋内のウイルスや菌、カビをすべて除去できるものではありません。
この言葉いったいどうよw 効かないかも、だけど買ってね!ちゃんとそれ言ってる?

あくまでもインフルエンザの薬は色々出てきています。しかし繰り返しになりますがウイルス感染予防方法はまだ変わっていません

あわせて読みたい

「インフルエンザ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  4. 4

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  5. 5

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  6. 6

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  7. 7

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  10. 10

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。