記事

TPP11にEPAにFTA?種子法廃止の拡散を!

25日は妻と共に農協協会主催の新年会に参加しました。

折しもこの日は日米FTAのベースとなる日米経済対話が行われていた日でした。

日本ではトランプ大統領がTPP11参加に言及した!やっとTPPの重要性に気づいたか!などと騒いでいますが、農業という分野から見るとすでにTPP11は米国が抜けた事で当初よりはるかに日本農業への打撃は大きくなっているのです。

米国は当初の交渉で自分たちが手に入れる筈だった分を他の国に取られるからと、二国間の日米FTA交渉でしっかりと要求してくるでしょう。

カナダの首相が安倍総理を褒めた!などと浮かれている場合ではありません。

まともな記者なら「国内の乳製品を最後まで守り抜いたカナダに比べ、何故日本政府は全て譲歩してしまったのか?」と書くべきなのです。

去年から農水委員会所属となり、12月の農水委員会で質問した種子法廃止は当事者である全国の生産者さんたちに浸透していません。

薬害エイズの時と同じで、当事者が蚊帳の外なのです。

妻の堤未果も壇上でスピーチさせて頂きました

現在全国各地から呼ばれ、日欧EPAや日米FTA、種子法廃止や世界の農政について講演しています。

みなさん、種子法廃止についてできるだけ周りの人に伝えてください。

そして国会議員は一刻も早く現在合意段階を経た国際交渉の条文などを公開させなければならない。

TPPの時のような過ちを犯してはならない。

農業は、食と国土、環境や地域、文化や伝統を守っています。

命を守る産業なのです。

今国会でも引き続き、命を守る政治を目指し全力を尽くしていきます!

命を守る参議院議員川田龍平

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  4. 4

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  6. 6

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  9. 9

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  10. 10

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。