記事

枝野代表は中江兆民になれ!

中江兆民は「回復の民権」と「恩賜の民権」があると言った。
「回復の民権」はイギリスやフランスのように、下から進んで取ったものだという。
それとは別に「恩賜の民権」は、上から恵み与えられるものだという。

現在の憲法はGHQ主導だから「恩賜の民権」であり、大日本帝国憲法も「恩賜の民権」である。

ただし、中江兆民はこの「恩賜の民権」を必ずしも否定していない。
もし、君主や宰相が時勢を見通し、人民の意向に従い、人民の知的水準に見合うように、自由の権利を恵み与え、その分量が適当だったら、これ以上めでたいことはないと言う。

だが、中江兆民は大日本帝国憲法が発布されても、これに満足しなかった。
そもそも帝国憲法は、発布されるまでその内容を国民に公表すらしていない。

国民による議論を一切経ていない「押し付け憲法」であり、民権を無視した憲法だった。
「恩賜の民権」にすらなっていないと兆民は思ったのだ。 

兆民は直ちに「憲法改正」を視野に入れる。
兆民は新平民の推薦で選挙に勝ち、第一回帝国議会で始めようとしたのは「憲法点閲」である。
一条ずつ国会で審議しようとしたのだ。 

ところが政府はこの兆民の活動を「集会条例」で認可せず、党大会で審議することすら禁じたのである。

兆民は次に「解釈改憲」を目指すのだが、政府は直ちにこれに対抗して「保安条例」を執行し、「立憲自由新聞」を発行停止にし、兆民の口封じをして、兆民の仲間8人に東京からの退去を命じる。
この経緯は次の「SAPIO」掲載の『大東亜論』に詳しく描いている。

そして今、安倍政権が「自衛隊明記」という加憲案を上から押し付けようとしている。
これは「恩賜の民権」か?
そうではないだろう。 

「ゴー宣道場」では、「回復の民権」を目指そうとしている。
中江兆民が出来なかった「草の根からの憲法改正」を目指すつもりだ。

本来、立憲民主党の枝野代表こそが、中江兆民の理念を引き継ぎ、「回復の民権」を実現しなければならない立場のはずだ。
それが「立憲主義」を掲げる政党の党首だろう。

「安倍政権下の憲法改正はあり得ない」とだけ言って、逃げていればいいはずはない。
「発議」されたらおしまいだ。

安保法制のときと同じ、反対デモに頼っても無意味である。
「発議」された時点で、「代案を出さなかった枝野代表」の責任を問われることになる。

果たして日本が近代国家になって、初めて「草の根から」の立憲主義、「回復の民権」が実現するか否か?

わしはこの経緯を作品で描いていくだろう。
後世に残す「憲法論」として。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  7. 7

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。