記事

京大ips論文不正 どう防ぐ

京都大学は、22日に、ips細胞研究所の山水助教(36)の論文にねつ造と改ざんがあったと発表しました。ips細胞を使って脳の構造体を作ったという論文で、主要な図6点全てに不正があった、と報じられています。

山中伸弥所長は、会見で「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる。」と述べています。ノーベル賞に輝いたips細胞の研究に大きな傷がついた、といわれています。

再生医療の切り札として注目され、国も成長戦略の柱のひとつとして文部科学省が2013~22年の10年間で、京大を中核拠点としたips細胞による再生医療研究に計1100億円の予算を集中的に投下している、ということです。

今回の不正で、研究そのものの可能性が否定されたわけではありませんが、日本が世界をリードできる研究で期待を集めているだけに、残念なことです。

なぜ、こうした不正が起きてしまうのか、防ぐ手立てはないのか。これまでの理化学研究所の不正などを受けて、文部科学省は、各大学や機関に、データ管理や倫理教育の強化を求め、不正防止策が講じられてきました。ips研究所では、研究者に実験ノートを3ヶ月ごとに提出させるなど、厳しくチェックできる仕組みを設けていたそうです。しかし、それでも防げませんでした。

倫理はもちろん大事ですが、それだけでなく、若手研究者の雇用が不安定なことも指摘されています。博士号を得た後、常勤の職についていないポストドクターが1万5千人を超しています。運営費交付金が減らされた国立大学は、任期付きの教員が40歳未満の6割以上にのぼる、とのこと。任期内に成果をあげないと、研究職が続けられなくなるというプレッシャーがあり、今回の助教も、任期付きで、3年余りの雇用期間があと1年だった、ということも原因と考えられます。

ポスドクの問題が指摘されて久しいですが、もっと若手研究者が安心して研究を続けられるような環境整備をしないと、数少ない日本が国際競争で勝てる分野をつぶすことになります。予算の見直しなど、この不幸な事件を契機に、前向きな取り組みをしてほしいと願っています。

あわせて読みたい

「iPS細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  5. 5

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  6. 6

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。