記事

京大ips論文不正 どう防ぐ

京都大学は、22日に、ips細胞研究所の山水助教(36)の論文にねつ造と改ざんがあったと発表しました。ips細胞を使って脳の構造体を作ったという論文で、主要な図6点全てに不正があった、と報じられています。

山中伸弥所長は、会見で「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる。」と述べています。ノーベル賞に輝いたips細胞の研究に大きな傷がついた、といわれています。

再生医療の切り札として注目され、国も成長戦略の柱のひとつとして文部科学省が2013~22年の10年間で、京大を中核拠点としたips細胞による再生医療研究に計1100億円の予算を集中的に投下している、ということです。

今回の不正で、研究そのものの可能性が否定されたわけではありませんが、日本が世界をリードできる研究で期待を集めているだけに、残念なことです。

なぜ、こうした不正が起きてしまうのか、防ぐ手立てはないのか。これまでの理化学研究所の不正などを受けて、文部科学省は、各大学や機関に、データ管理や倫理教育の強化を求め、不正防止策が講じられてきました。ips研究所では、研究者に実験ノートを3ヶ月ごとに提出させるなど、厳しくチェックできる仕組みを設けていたそうです。しかし、それでも防げませんでした。

倫理はもちろん大事ですが、それだけでなく、若手研究者の雇用が不安定なことも指摘されています。博士号を得た後、常勤の職についていないポストドクターが1万5千人を超しています。運営費交付金が減らされた国立大学は、任期付きの教員が40歳未満の6割以上にのぼる、とのこと。任期内に成果をあげないと、研究職が続けられなくなるというプレッシャーがあり、今回の助教も、任期付きで、3年余りの雇用期間があと1年だった、ということも原因と考えられます。

ポスドクの問題が指摘されて久しいですが、もっと若手研究者が安心して研究を続けられるような環境整備をしないと、数少ない日本が国際競争で勝てる分野をつぶすことになります。予算の見直しなど、この不幸な事件を契機に、前向きな取り組みをしてほしいと願っています。

あわせて読みたい

「iPS細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  3. 3

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  5. 5

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  6. 6

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  7. 7

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  8. 8

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  9. 9

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  10. 10

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。