記事

所得が2倍になるまでの期間 - wasting time?

高度成長期・バブル期。日本は急速な経済の発展を遂げて、人々の生活は一気に豊かになったと言われる。

まあ、僕なんていうのはそんな時代の登っていく感じを知らない。残念というのが正しいのだろうか?今、多くの新興国が同様に経済がドンドン発展している。では、日本などと比べてその成長のペースはどうなのだろうか?

Double your income! (economistから)

リンク先を見る

イギリスの所得が2倍になるのに154年がかかったが、アメリカは53年で済んだ。日本は33年。中国や韓国は15年程度でそれを成し遂げている。

もちろん、最初に様々なイノベーションを起こしながら成長したイギリスは豊かになるのに非常に時間を要したのは言うまでもない。おそらく、そのイノベーションから生み出され物を利用してアメリカ、ドイツ、日本などは所得を2倍にした。もちろん、それぞれの国が新しく生み出した物もあることは言うまでもない。もちろん、それがより少なくて済んだ中国や韓国がより短期間で成長するのは言うまでもない。

もちろん、イノベーションがどうこうというほかにも、どういう経済政策を取れば経済が発展するかというのはだいたい明らかになっている。もちろん、その国の国民の国民性や習慣などに依存する部分もあるから、容易ではないのは当然だけれども。。。

下のグラフはこれからさらに所得が二倍になるのにどの程度かかるか?というグラフだ。左にある数字は現在の一人当たりのGDPである。これを見ると、韓国はもう日本とほとんど差がないところにきている。逆を言うと韓国がこれからさらにGDPを二倍にするのは容易ではないだろう。一方で中国やインドは単純比較からはまだまだ成長の余地がありそうだ。さらに二倍になるまでにはそれぞれ7年と9年しかかからないと試算されている。

まあ、正直こんな予測が当たるかどうかはわからない。欧州の危機がクラッシュとなれば、これらの国も苦境に立たされるだろうし、そんな雰囲気も市場では漂い始めている。

一方で、新しいイノベーションがなかなか生み出せない状況、かつ、大きな政府のくびきから脱却できそうもない先進国もこれからさらに大変な事態に陥るかもしれないことは言うまでもない。

wasting time?のブログ↓
ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  4. 4

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  5. 5

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  8. 8

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  9. 9

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。