記事

【新聞チェック】北朝鮮の後継者、金正恩氏とはいかなる人物か

2010年10月、金日成広場で行われた軍事パレードを観閲する金正恩氏(AP/アフロ)
 12月17日に急死したとされる金正日総書記に代わって、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を率いると見られるのは3男の金正恩(キム・ジョンウン)氏だ。北朝鮮を建国した金日成の孫に当たる3代目だが、詳しい年齢は不明だがまだ20代後半。後継者内定から2年しか経っておらず、金正日氏が32歳に後継者内定してから20年間もの修行時代を積んだのと比べると、経験不足は決定的だ。

 2010年に朝鮮人民軍の大将、党中央軍事委員会の副委員長に就任したばかりで、国内の権力掌握も進んでいないと見られる。28日に行われる金正日氏の葬儀委員長を務めた上で、過剰な宣伝をして「神格化」を図り、後継者としての正当性をアピールすると見られるが、北朝鮮は当面、集団指導体制への移行すると見られている。ただし、詳しい情勢は独裁政権のベールに隠れて分っていない。

 北朝鮮の新しい顔となる見られる金正恩氏とはいかなる人物なのか。金正日氏の死去発表から一夜明けた12月20日付の新聞各紙から、情報を拾ってみよう。(BLOGOS編集部・安藤)

トンボを引き裂いた幼少期/延坪島砲撃に関与か

   東京新聞は「父譲り激しい気性」との見出しで、以下のように書いている。
少年時代を知る元・金総書記の専属調理人の藤本健二氏は「勝ち気で人懐っこい、父親に似た性格だ」と振り返る。北朝鮮関係者によると、北朝鮮内では「泣き叫ぶ五歳の正恩氏に乳母がトンボを手渡すと、同紙は羽を引き裂き、機嫌を直した」とのエピソードも伝わる。温厚な性格とされる正哲氏と違い、激しさが父・金総書記に気に入られたようだ。
髪形や服装、体格は故金日成総書記とよく似ている。左手を固定し、右手を打ち付ける拍手は金総書記と同じやり方だ。二十代のわかさで目立った実績もなく後継者の地位についたため、カリスマ性発揮の目的で外見を整えていると見られる。

公式登場前から「先端技術に明るい」「軍事の天才」などの宣伝が繰り返された。それを裏付けるかのように、国産化を進めるCNC(コンピューター数値制御)や、一○年十一月の韓国延坪島砲撃は、大学で砲兵科を学んだ正恩氏が深く関与したとされている。
 軍事を最優先する「先軍政治」を掲げる北朝鮮の後継者への警戒感が現れている記事だった。

バスケ大好き/日本製ゲームをプレゼント

 一方で毎日新聞は“「西側」知る正恩氏”という記事で、10代でスイスの首都ベルンに留学した経験をクローズアップするなど、人間味のあるエピソードを紹介。父親である金正日氏よりも世界を知る人物であって欲しいという期待感が見え隠れしていた。金正恩氏を「金総書記と大阪生まれの在日朝鮮人、高英姫(コ・ヨンヒ)との間で生まれた」とした上で、次のように紹介している。
スイス当局の記録などによると、正恩氏は96年夏から01年初めまでベルンに留学した。。当初は、兄の正哲(ジョンチョル)氏(30)が在籍していたベルン国際学校に通ったが、すぐ自宅近くの公立小に天候し、隣接する公立中に進学した。

 中学校で同級生だったポルトガル移民の親友、ジョアオ・ミカエロさん(27)は毎日新聞の取材に「バスケットボールが大好きで、歌や漫画を好む気さくな性格。バスケではゲームメーカーだった」と話した。(略)

 住んでいたのは高級マンションだったが、周囲は中産階級の多く住むエリア。校庭でバスケに興じる姿は普通の中学生だったものの、仲のいい友人に高価な腕時計や日本製ゲームをプレゼントして、周囲を驚かせたこともあったという。
1年で見込みがなければ長男が復帰?

 各紙が慎重な報道をする中で、日刊スポーツは「28歳正恩氏に不安…1年後は正男氏か?」と、驚くべき記事を掲載している。なんと、金正日氏の長男で、2001年に「東京ディズニーランドに行きたかった」として日本に密入国して摘発された金正男氏が、後継者に復帰する可能性があるという物だ。

   金正男氏は、2002年に死去した第2夫人の成恵琳(ソン・ヘリム)氏との間に生まれた。1990年代後半までは後継者として有力視されていたが、2001年に偽造旅券で日本に入国しようとして摘発されたのを機に父親から見放され、金総書記の関心は、寵愛(ちょうあい)していた第3夫人、高英姫(コ・ヨンヒ)氏の息子である正哲(ジョンチョル)、正恩(ジョンウン)兄弟に移ったと言われている。

 正男氏は08年夏、金総書記が倒れたころまでは平壌に出入りしていたが、09年1月に金正恩氏が後継者に内定してからは、北朝鮮に足を踏み入れることができず、マカオなど中国各地で過ごしている。日刊スポーツの記事では、以下のように専門家の談話を紹介している。
関西大教授で脱北者支援の市民団体代表を務める李英和氏は「よちよち歩きの正恩氏を中心とした政権の船出になる」として「若いし、経験もないし、能力も不足している。側近が手取り足取り教育するだろうが、1年で見込みがないと判断されれば、長男正男氏を代替後継者として据える可能性もありうる」と話した。
 現時点ではどこまで信憑性があるかは不透明だが、北朝鮮情勢を占う上で参考になりそうだ。

関連記事

金正日死去、識者から寄せられた意見
議論募集「金正日氏の死去で何が変わる?」
金総書記死去、平壌市民の模様

あわせて読みたい

「金総書記死去」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。