記事

ドイツ極右政党の党幹部がイスラム教に改宗、役職を辞任

[ベルリン 24日 ロイター] - 反イスラムの主張で知られるドイツの極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)の幹部で、東部ブランデンブルク州執行委員会メンバーだったアーサー・ワグナー氏がイスラム教に改宗した。党が24日、明らかにした。

幹部ポストは辞任するが、党にはとどまるという。

昨年9月の総選挙で議会第3政党となったAfDは、イスラム教はドイツ憲法と矛盾するとし、イスラム寺院(ミナレット)の建設や顔を覆うスカーフのブルカ禁止を訴えている。

ただ党としては憲法が規定する信教の自由の権利は擁護するとし、広報担当者はベルリナー・ツァイトゥング紙に「ワグナー氏は他の宗教を選ぶこともできた。彼は1月11日、自らの意思により辞任した。イスラム教改宗が分かったのはその後だった」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。