記事

50セント、ビットコインでの楽曲販売で9億円以上稼ぐ。2014年から放置

ヒップホップアーティストの50セントが、2014年にリリースしたアルバム「Animal Ambition」をビットコインで販売した結果、当時の報酬に現在の相場で700万ドル-850万ドル(約7.6億円-9.2億円)以上の価値が付いていることが明らかになりました。

TMZのレポートによれば、50セントは世界で初めて作品の対価をビットコインで受け取ったメジャー契約のアーティストとなり、当時の相場1BTC=662ドルで700ビットコインとなる約463000ドルの売上を得ていたことが報じられました。

Rapper 50 Cent accepting bitcoin as payment for new album (LAtimes)

さらに凄いことに、50セントはビットコインの存在を忘れていたらしく、その後は全く取引をしない状態が続いていました。投稿されたInstagramには「I’m a keep it real I forgot I did that shit. Lol.」とコメントしています。

50セントは、2011年に自身のオーディオ会社「SMS Audio」を立ち上げCEOに就任、自身のブランドのヘッドフォンを発表するなどしていました。一方で、2015年に自己破産したことで、2300万ドル以上の負債の返済を命じられたことも話題になりました。

2014年のアルバムリリース時にRedditでのインタビューで50セントは「俺達は時代を先取りして、新しいことをやりたいだけだ」(We’re trying to be ahead of the curve and do new things)と答えていました。

仮想通貨と音楽/エンターテイメント・ビジネスとの親和性は徐々に議論されるようになり、海外ではインディーズアーティストで自身の仮想通貨を支払いに活用する事例は急増してくるなど、活用法は多岐に渡って実装されつつあります。フィンテックの領域ですが、こうしたテクノロジーを使うことも、新しい音楽ビジネスの一つですね。

ソース
50 Cent: ‘I Forgot’ Taking 700 Bitcoins For 2014 Album; Stake Is Now Worth Millions (NPR)
50 Cent’s Earned Millions Selling His Album for Bitcoin (TMZ.com)
50 Cent Reportedly Made Millions in Bitcoin After Accepting it for Album Payment in 2014 (Complex)
image by TigerDirect.com via Flickr

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    照射問題 新証拠公開で決着図れ

    城内実

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    いつまで働く? 定年65歳時代到来

    ヒロ

  8. 8

    高校教育に古典は本当に必要か

    Dain

  9. 9

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

  10. 10

    元官僚 プロレスでいい日韓関係

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。