記事

iPhone速度低下に対応、次期OSベータ版に新機能

[24日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は24日、iPhone(アイフォーン)のバッテリー劣化への対処で動作速度を意図的に遅くしている問題で、次期基本ソフト(OS)である「iOS11.3」のベータ版にバッテリーの劣化具合や修理が必要かどうかを表示する機能を追加すると発表した。

ユーザーは、予想外のシャットダウンを防ぐ機能が作動しているかどうかを把握し、この機能をオフにすることもできるようになる。

ただアップルは、こうしたアップデートが実行可能な時期については今春のiOS11.3の配信後としか説明していない。

アップルは昨年12月、アイフォーンの「6」「6s」「SE」で動作が遅くなる現象が起きると認めた。

*見出しを修正しました。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  3. 3

    宗男氏 河野外相の無回答は賢明

    鈴木宗男

  4. 4

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

  5. 5

    初デートで8000円の店は妥当か

    東龍

  6. 6

    なぜファーウェイは排除されるか

    ロイター

  7. 7

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  8. 8

    村本大輔 安倍首相の悪口でNGも

    AbemaTIMES

  9. 9

    妊娠発表の蒼井そらブログに反響

    AbemaTIMES

  10. 10

    共演者が語るクロちゃんの裏側

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。