記事

結婚切望の中国女性 お見合いサービスに340万円の支払いも


【出会いにもお金がかかる!?(写真:アフロ)】

「出会い系」が花盛りなのは日本も中国も同じだ。あきらめの早い若者が多い日本に対して、中国ではなりふり構わないほどエネルギッシュな人が少なくないという。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。

 * * *
 いまや三割の男性が経済的な理由から結婚ができないと指摘される日本社会だが、それでも中国の事情に比べれば「まだまだまし」ということか。

 現在、ある統計によれば、中国全土には約2億人の独身者(結婚相手をさがしている)が暮らしているとされる。当然、彼らにはそれなりの結婚願望や異性との出会いへの欲求はあるはずである。

 ならば、彼らに「出会い」を提供するための産業も、国内ではそれなりに隆盛であろうということだ。そんな悩める若者の事情を特集して記事を掲載したのが『参考消息(北京)』(2017年12月7日 )である。

 記事によれば、2015年の時点でこの産業の市場規模は、27億元(約459億円)にもなっていたというのだ。中国の若者たちの「出会い」不足の深刻さを反映している数字ともいえよう。

 さて、記事では中国で約会産業(デート産業)と呼ばれるいくつかの会社に登録した若者たちの実例を紹介しているのだが、その中の一人の女性(29歳)によれば、先に登録料として1万2000元(約20万4000円)を支払い、約半年間の恋愛講座というのに参加するという。この講座はすべてネットを通じて行い、この間に何回かデートクラブというものに参加するという。このクラブへの参加費は一回1600元(約2万7200円)だったという。

 女性がこれほど真剣に、また大きな出費をしているというのも驚きだが、取材を受けた女性は、自分は「出費が少ない方」だと答えている。

 それでタイトルにあるような話になるのだが、そのタイトルというのが、〈中国に独身者は2億人 なかには20万元(約340万円)支払ってお見合いのサービスを受ける者まで出現〉である。

 ここからも苦労は伝わってくるが、これはまだしも20万元が用意できる人の悩みといわざるを得ない。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。