記事

米大使館のエルサレムへの移転、19年末までに=米副大統領

[エルサレム 22日 ロイター] - ペンス米副大統領は22日、イスラエル国会で演説し、「向こう数週間でトランプ政権はエルサレムへの米大使館移転計画を進め、2019年末までに開館する」と述べた。

トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことで米国はパレスチナ側の反発を買ったほか、国際的な問題となっている。

演説の冒頭ではイスラエル国会に議席を持つアラブ系議員が、アラビア語と英語で「エルサレムがパレスチナの首都」と記した看板を掲げ、演説は一時中断となった。

パレスチナ人は、聖地がある旧市街を含む東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置付けている。一方、1967年の第3次中東戦争で東エルサレムを占領・併合したイスラエルは、エルサレム全土が自国の「永遠の、不可欠な」都市としている。イスラエルによるエルサレムの占領・併合は国際的に認められていない。

これはトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定して以来、最も位の高い高官の訪問だ。ペンス氏とネタニヤフ首相にとって両国の親密な関係を強調する機会となった。イスラエルには保守的なキリスト教徒の米国人が多く住んでいるほか、同国は米政権にとって政治的権力を維持する重要な拠点だ。

あわせて読みたい

「エルサレム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  6. 6

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  7. 7

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  10. 10

    米長官 中国への関税撤廃を提案

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。