記事

センター試験 国語の問題を直木賞著者が解いた結果…

【国語の中間平均点は200点満点で102.36点(時事通信フォト)】

「私の小説がセンター試験に使われたというので解いてみたのですが、やっぱり難しかったですね……」

 そう語るのは、直木賞作家の井上荒野氏だ。1月13日に行なわれた大学入試センター試験・国語の問題で、井上氏の小説『キュウリいろいろ』が採用されたので、井上氏自ら「解いてみた」というのだ。井上氏が続ける。

「どうにか全問正解だったので良かったです(笑い)。小説の読解に正解はないと考えていますが、今回の問題は間違いの選択肢に『明らかにこんなことは書かれていない』という記述が含まれていて、消去法で選べるようになっていた気がします。

 ただ、『問6』の小説のテクニックについての設問では、たぶん多くの小説家が無意識にやっていることの理由を厳密に問うていました。受験生には相当難しかったのではないかと思います」

 各大学・高校の入試も含めれば、毎年、数多くの文学作品が出題文に採用されるが、なかには作品の著者でさえ“正解”に辿り着けないケースもある。

 日本身体文化研究所代表理事で、武蔵野美術大学講師の矢田部英正氏は、「毎年3~5校の問題に採用されていますが、6割くらいしか正解できなかったことがあった」と笑う。

「東大や早稲田・慶應ではなくて、高校入試の問題が意外と難しい。“筆者の意図”を問う選択問題で、僕の意図とは全く違うことが“正解”になっていることもある。僕の文章は日本文化に関するテーマがよく入試に採用されます。

『日本の歴史上こういうことがありました』という事実を淡々と書いた文章が、『だから日本文化は素晴らしい』という趣旨の解答になっていると、それは“出題者の解釈”であって“筆者の意図”ではない。

 学生時代はテストが苦手だったから、そういう問題に出くわすと、“出題者がそう思っただけなんだ”と、少し安心したりもします(笑い)」

 受験生が必死で辿り着こうとする“正解”は、必ずしも正しいとは限らない。

※週刊ポスト2018年2月2日号

あわせて読みたい

「センター試験」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

  10. 10

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。