記事

金正日総書記が死亡 朝鮮中央テレビが発表

2011年5月に発表された、視察中の金正日総書記(中央)の写真(AP/アフロ)写真一覧
北朝鮮の朝鮮中央テレビは12月19日、最高指導者の金正日(キム・ジョンイル)総書記が、「17日に現地指導に向かう途中、急病で死亡した」と伝えた。金正日総書記は69歳。朝鮮中央放送は、正午から特別放送として、黒い喪服姿の女性アナウンサーが、金総書記の業績を讃える放送を続けている。

同放送では「金総書記は心臓や脳の疾患を抱えていたが、一昨日、移動中の列車で心筋梗塞にかかった」と伝えた。

葬儀委員会の名簿では、3男の金正恩(キム・ジョンウン)氏(28)が筆頭で読み上げられた。後継者に最有力とみられる。独裁体制を敷いた最高権力者の死去で、北朝鮮の混乱が加速することは必至な情勢。北東アジアの安全保障体制や拉致問題に関しても、重大な局面を迎えた。

関連記事

【議論】金正日氏の死去で何が変わる?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。