記事

インターネット/SNSを活用した自殺予防の方向性――座間連続殺人事件から考える - 末木新 / 臨床心理士

1/2

2017年10月末に発覚した座間市の連続殺人事件以降、自殺とインターネットの関連が話題になることが劇的に多くなった。この事件については、加害者はソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)のツイッターを使い、死にたい気持ちを抱えたインターネット利用者に声をかけ呼び出し、9名もの方を殺害したと報じられている。

この事件が発覚して以降、インターネットと自殺に関する研究を行っている筆者の研究室の電話は鳴りっぱなしになった。このことは、本事件の衝撃が、大量殺人という点よりも、ツイッターを用いて被害者に声をかけていたという点にあったことを意味していると思われる。

事件発覚から3ヶ月近くの時間がたち、ようやく報道は落ち着いてきたところである。そこで、本稿では研究やデータといった客観的な観点からSNS利用と自殺の関連について明かになっていることを紹介し、ネットを活用した自殺予防の方向性について論じることとする。

1.ツイッターで「死にたい」とつぶやく人の自殺の可能性は?

座間市の事件で被害者となった方々が生前にどのような状態であったのかを詳細に知る術を私は持っていない。しかし、ツイッター等のSNSで自殺に関する投稿を重ねている人がどのような特徴を有しているのかは、これまでの調査である程度明らかになっている。

2015年に筆者が20代のネット利用者に対して行った調査では[1]、調査対象者全体(14529名)のうちツイッターアカウントを有するものが8147名(56.1%)いた。その内の1114名(7.7%)は過去に「死にたい」とつぶやいたことがあり、361名(2.5%)は「自殺したい」とつぶやいたことがあった。

この数字を見て、「死にたい」とか「自殺したい」とつぶやくことの頻度をどのように考えるかは人それぞれだが、こうした行動がものすごく稀有なわけではないと言ってもよいであろう。

「死にたい」とか「自殺したい」とつぶやくことがそれほど稀なことでないとしたならば、こうしたつぶやきをしている人は「普通」の状態なのだろうか。よく「死にたい」と言っている人は実際には死なない(本当に死にたい人は「死にたい」などと口にしないで死ぬものだ)という「神話」を信じている人がいるが、科学的なデータはそれと真逆のことを示している。

上述の調査では、ツイッターで「死にたい」とか「自殺したい」とつぶやいている人は、未婚で、恒常的に飲酒をし、精神科などに通院している可能性が高いことが示された。また、彼ら/彼女らの抑うつ度はとても高い。死にたいと考えている者の割合が高いのは当然のことであるが、自傷行為をしたことがある者や過去に自殺を試みたことがある者の割合も高い。これらは全て自殺の危険因子である。

つまり、ツイッターで「死にたい」とか「自殺したい」とつぶやいている人は、そんなことをつぶやかない人に比べて、自殺のリスクが高いのである。当たり前のことであるが、健康で何も問題を抱えておらず幸福感につつまれている人間は、「死にたい」とはつぶやかない。

このようなSNS利用と自殺の関連は筆者だけが論じていることではない。また、これはツイッターだけに限った現象でもない。例えば、中国版ツイッターとも呼ばれるWeiboの投稿内容から、自殺の危険性を予測することが可能であったという報告もある[2]。SNSの投稿内容から利用者の自殺の危険性を評価する研究は、現在、世界中で行われている比較的ホットな研究テーマである。

SNSで「死にたい」とか「自殺したい」といった投稿をしている人はやはり、幸せな状態ではないし、自殺の危険性もそれなりにある。もちろん、自殺そのものは稀な事象であるため、すぐには生じないかもしれない。しかし、ネット上で「死にたい」とつぶやくと悪意をもった者に目をつけられ、今回のような事件に巻き込まれる可能性もある。自殺サイトなどを介して自殺のリスクが高まった者にコンタクトを取り、殺害するといった事件はこれまでにも起きており、今回が初めてではないのである。

自殺のリスクの高まった者は、こうした事件に巻き込まれやすくなっている可能性がある。こうした傾向は、事故傾性という言葉で表現される。これは簡単に言えば、死にたくなると本人にその気がなくても、事故などのトラブルに合いやすくなるという傾向のことである。

このようなメカニズムがなぜ生じるのかは今のところ不明である。しかし、反対に幸福な人が事故に合いづらいという研究も多数あることを考慮すれば、やはり、人間は死にたくなると普通であれば避けられる危険性を避けることが難しい心理状況に追い込まれるということなのであろう。今回の事件も、そのような状態が影響した可能性はあるだろう。

2.インターネットを自殺予防にどのように活用するべきか?

座間市の事件を受けて政府は再発防止策を検討するとしている。それではどのような方法が考えられるであろうか。インターネットを活用した自殺予防の方法に関しては、その方法や効果の程度について「若年者の自殺対策のあり方に関する報告書」[3]にて筆者が報告しているので詳細はそちらを参照されたい。ここでは、具体的な方法の一つとして、近年筆者が協力をしているNPO法人OVAの行っている夜回り2.0という活動について報告をする。

夜回り2.0とは自殺方法関連語をウェブ検索した際の結果画面に検索連動型広告を提示し、無料のメール相談を受け付ける活動である。相談は臨床心理士や精神保健福祉士といった専門家が受けている。相談を受けた後は、相談者の抱えている問題や自殺の危険性の高さを評価し、その評価に応じて対面で支援を受けられる適切な援助機関につなぎ、見守っていく。

この活動の成果は国際自殺予防学会誌に報告をしているが、相談者の2~4割程度が、自殺の計画を思いとどまるなど何らかのポジティブな変化を見せたり、これまでに相談をしたことのない者からの支援を受けるための行動をとるといった自殺予防的な変化を見せている。[4, 5]

この活動によって、自殺方法に関する言葉を検索したネット利用者は、効果的で苦しみの少ない自殺方法に関する情報に接する可能性が低減され、同時に、専門家からの支援が受けられる可能性が高まる。夜回り2.0の効果は実験的なデザインを用いた研究によって確かめられているわけではないため、この活動が明確に自殺予防的な効果を有すると断言することは難しい。

しかし、自殺の危険性の高い者が多く含まれるコミュニティの中のキーパーソン(例:山間部の村にある唯一の病院の医師)に自殺予防教育をほどこし、早期に自殺の危険性の高い者を発見し、見守っていくいわゆるゲートキーパー活動に一定のレベルの効果のエビデンスがあることを考慮すれば[6]、夜回り2.0の効果は有望なものだろう。

このように、インターネットを活用した自殺予防を推進していくためには、自殺の危険性の高い者が利用するメディアの環境を調整することを通じて、自殺を誘発する情報に接っしたり(例:自殺方法を閲覧する)、悪意のある利用者が接触する可能性を減じるとともに、自殺予防的な目的をもった支援者と接する可能性を高めることが重要である。

そのための方策は、メディアの特性によって異なるため一概にこうすれば良いという方法があるわけではない。各メディアの特性に応じた工夫が必要であるが、例えば、ツイッターの投稿内容から自殺の危険性を評価し、一定の危険性が認められた者に対して支援を受けることを促す広告等を提示するといった試みは技術的には可能であろう。

また、相談を受けた際にも、自殺を防ぐためにどのような働きかけをすれば良いのかはある程度明らかになっている。つまり、現時点においても、技術的にできることが多数あることは間違いない。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  6. 6

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  7. 7

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。