記事

米大手金融機関、ボーナス「ゼロ」のトレーダーも

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米大手金融機関のトレーディング収入が急減する中、2017年はボーナス「ゼロ」のトレーダーも出てきそうだ。

JPモルガン・チェース<JPM.N>、シティグループ<C.N>、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、ゴールドマン・サックス<GS.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>の第4・四半期の収入は、平均32%減。通年でも12%の減少となった。

市場のボラティリティーが歴史的な低水準で推移しており、顧客が取引を見送っていることが響いた。

コンサルタントや採用担当者によると、これを受け、2017年の大手金融機関のボーナスは前年を10─20%下回る可能性がある。損失を計上した部門のトレーダーは、ボーナス「ゼロ」もあり得るという。

報酬コンサルティング会社ジョンソン・アソシエーツのトップ、アラン・ジョンソン氏は「ボーナスゼロはここ数年聞いたことがなかったが、今回はあり得る」と指摘。「ボーナスゼロの人も出てくるだろう」と述べた。

特に打撃を受ける可能性があるのが、商品のトレーダーだ。顧客の取引低迷や、電力・天然ガス価格の乱高下で、多くのトレーディング会社で運用成績が悪化した。著名投資家のアンディー・ホール氏やブーン・ピケンズ氏も、エネルギー取引を手掛けるファンドを閉鎖している。

関係筋によると、ゴールドマンの商品トレーディング部門では、幹部が一部のスタッフに2017年分のボーナスがごく少額かゼロになると通知した。

同社は昨年、2200人を追加で採用したが、報酬コストは12%カットした。2017年に支給された平均報酬は32万3852ドル。これは従業員1人当たりが稼ぎ出した収益の37%に相当する。前年は38%だった。

モルガン・スタンレーの法人部門のインベストメントバンカー、トレーダーの報酬は、従業員が稼ぎ出した収益の34%に相当。前年は35%だった。

トレーダーのボーナスは、その年に稼ぎ出した収益か、その年の運用資産額の一定のパーセンテージで決まることが多かったが、こうした制度ではリスクテイクが奨励されることになるため、現在はリスクを調整した、より裁量度の高い報酬制度が増えてきているという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。