記事

米大手金融機関、ボーナス「ゼロ」のトレーダーも

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米大手金融機関のトレーディング収入が急減する中、2017年はボーナス「ゼロ」のトレーダーも出てきそうだ。

JPモルガン・チェース<JPM.N>、シティグループ<C.N>、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、ゴールドマン・サックス<GS.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>の第4・四半期の収入は、平均32%減。通年でも12%の減少となった。

市場のボラティリティーが歴史的な低水準で推移しており、顧客が取引を見送っていることが響いた。

コンサルタントや採用担当者によると、これを受け、2017年の大手金融機関のボーナスは前年を10─20%下回る可能性がある。損失を計上した部門のトレーダーは、ボーナス「ゼロ」もあり得るという。

報酬コンサルティング会社ジョンソン・アソシエーツのトップ、アラン・ジョンソン氏は「ボーナスゼロはここ数年聞いたことがなかったが、今回はあり得る」と指摘。「ボーナスゼロの人も出てくるだろう」と述べた。

特に打撃を受ける可能性があるのが、商品のトレーダーだ。顧客の取引低迷や、電力・天然ガス価格の乱高下で、多くのトレーディング会社で運用成績が悪化した。著名投資家のアンディー・ホール氏やブーン・ピケンズ氏も、エネルギー取引を手掛けるファンドを閉鎖している。

関係筋によると、ゴールドマンの商品トレーディング部門では、幹部が一部のスタッフに2017年分のボーナスがごく少額かゼロになると通知した。

同社は昨年、2200人を追加で採用したが、報酬コストは12%カットした。2017年に支給された平均報酬は32万3852ドル。これは従業員1人当たりが稼ぎ出した収益の37%に相当する。前年は38%だった。

モルガン・スタンレーの法人部門のインベストメントバンカー、トレーダーの報酬は、従業員が稼ぎ出した収益の34%に相当。前年は35%だった。

トレーダーのボーナスは、その年に稼ぎ出した収益か、その年の運用資産額の一定のパーセンテージで決まることが多かったが、こうした制度ではリスクテイクが奨励されることになるため、現在はリスクを調整した、より裁量度の高い報酬制度が増えてきているという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。