記事

米副大統領が中東歴訪、和平実現へ「2国家共存」支持すると確認

[カイロ/アンマン 21日 ロイター] - 中東・北アフリカの3カ国を歴訪中のペンス米副大統領は、訪問先のエジプトとヨルダンで指導者と会談し、イスラエルとパレスチナの紛争について、双方が合意する場合は米国は従来通り「2国家共存」による解決を支持する考えを示した。

トランプ米大統領は昨年、2国家共存にこだわらない考えを示し、エルサレムをイスラエルの首都と正式に認定。米国の方針を巡り、欧州の同盟国やアラブ諸国から非難が相次いでいた。

ペンス副大統領は今回の訪問で、米国が2国家共存を支持する方針を確認することで、アラブ諸国の懸念解消に努めた。

副大統領は20日、最初の訪問国であるエジプトでシシ大統領と会談し、米国の方針を確認。

会談後、記者団に対し、「シシ大統領の意見を最後まで聞いた」とし、シシ大統領はトランプ大統領の決定に対する自身の反対意見について「友人間の意見の相違」と表現した、と述べた。

エジプト大統領府の発表によると、シシ大統領は会談で、2国家共存に向けた交渉だけが中東紛争を終わらせるとの考えを示した。

ペンス副大統領は翌21日、ヨルダンのアブドラ国王と面会した。

国王は副大統領に対し、トランプ政権のエルサレム首都認定を受け、米国が2国家共存による解決を目指すという「信頼」を取り戻すことを期待すると伝えた。

また、東エルサレムは将来のパレスチナ国家の首都であるべきとの考えをあらためて示した。

副大統領は国王に対し、米政府はエルサレムの聖地を現状のまま維持する方針だと説明。前日に引き続き、イスラエルとパレスチナ双方が合意する場合には、米国は従来通り「2国家共存」による解決を支持する考えを示した。

ペンス副大統領は会談後、記者団に対し、トランプ大統領の決定の影響を巡り、アブドラ国王と「見解が異なることを確認した」と述べた。

副大統領は最後にイスラエルを訪問して、中東歴訪を締めくくる。

あわせて読みたい

「エルサレム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  6. 6

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    Uber配達員に優しいインド料理店 ラッシーを奢ってくれる店も

    キャリコネニュース

    10月23日 10:42

  9. 9

    長期的に安定している日本の政治 カギは「与党内野党」の役割を担ってきた公明党

    WEB第三文明

    10月23日 14:36

  10. 10

    飲食店のネット予約数が大幅増 コロナ流行前の水準に回復

    ABEMA TIMES

    10月23日 16:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。