記事

ICANとSGIがつながっていることを公表した佐藤優

 きょう1月22日発売の週刊プレーボーイ最新号(2月5日号)で、佐藤優氏が貴重な情報を暴露した。

 いよ堂々と公表したといったほうがいいかもしれない。

 それはICANとSGIはつながっているという驚くべき情報だ。

 ICANとは、もちろん、昨年ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーンという組織のことだ。

 そしてSGIとは、創価学会の国際活動組織である創価学会インターナショナルの事だ。

 実はICANとSGIは協力関係にあるんです、と。

 だから創価学会幹部もICANがノーベル平和賞を受賞した時、オスロに行っていたんです、と。

 今回のノーベル平和賞の半分は、創価学会が受賞したみたいなものです、とまで語っている。

 そう言った後で、佐藤優氏は次のように、今年は「核廃絶」と「対話と妥協」が重要なキーワードになる年になる、と予言している。

 すなわち、トランプが、ロシア疑惑から目をそらせるためにイスラエルの首都をエルサレムに移転する宣言をした事を、「歯が痛い時に足の親指が切れるくらいのケガをしたら、歯の痛みなんか忘れる」という比喩に例えて解説し、しかし、トランプが思ったよりパレスチナの反発が大変なことになったため、トランプは中東の混乱で北朝鮮どころではなくなり、アメリカは北朝鮮と手を打つしかない、という持論をあらためて繰り返してる。

 そして、そうなれば日本もそれに従わざるを得なくなり、北朝鮮の核の凍結によって、やがて日本でも「核廃絶」の動きが強まるだろう、と語っているのだ。

 この佐藤優氏の予言が正しいかどうかは、私にはわからない。

 しかし、米国が北朝鮮問題と中東問題の二正面作戦を戦う事は出来ず、中東問題を優先せざるを得ない、というのは、彼が繰り返してメディアで語っているモサド情報であり、今度のプレーボーイで暴露したICANとSGIの緊密な関係は、いまや創価学会の広告塔となった佐藤優ならではの創価学会情報である。

 そして、モサド情報は確かだ。

 しかし、創価学会情報は多分に宣伝的なところがあるような気がする。

 もし、彼の語る通り、今年が核廃絶と妥協の年になるのであれば、それは喜ぶべき事だ。

 そして、公明党が安倍首相をその方向に導くことに奏功すれば、公明党は野党の出来なかった事を安倍首相にさせることになる。

 しかし、それならなぜ公明党はICANの事務局長が日本に来た時、安倍首相に会わせることができなかったのだろう。

 はたして、公明党は安倍首相を正しい方向に導き、憲法9条改憲までも踏みとどまらせる事ができるのか。

 今年最大の政治テーマである(了)

あわせて読みたい

「創価学会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。