記事

白と黒とグレー。ブラックフェイス論争のこの先

1/2

 年末のダウンタウンの浜田氏がエディ・マーフィに扮し、顔を黒く塗り番組に出演したことに関する論争が1月下旬に差し掛かろうとしているのにまだ収まらない。海外メディアの「The New York Times」や「BBC」などでも報じられ、インターネットなどを中心に今日も熱い議論が交わされている。一つだけはっきり言えることがある。他でもなく、日本の私たちはまさに今、この国の置いて貴重な時間を生きているということである。感情論ではなく、ものごとを冷静に整理していく答えが自ずと答えが見えてくる。

日本の歴史上でも「黒人」は登場する。私などの浅はかな知識だけでも織田信長に仕えた弥助が 思い出される。おそらく資料上で登場する日本における最も古い「黒人」存在である。弥助が京都にやって来た頃「黒人」一目で観たさに大勢の見物客が殺到し、同じく初めて黒人を見た信長も、肌に墨を塗っているのではないかと身体を洗わせたが、より一層黒く光る結果となっただけだったと言われるなど、日本の社会において黒い肌は昔から珍しかったようである。

しかし、日本には黒人を奴隷にするなど欧米が歩んだような歴史はなく、どちらかというと黒人もこの社会で大事にされてきた。弥助に関しては、戦国時代の日本にやってきた、イエズス会の巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノが連れてきた召使だったが、信長に気に入られ献上されると、信長から「弥助」の命名され、正式な武士の身分を与え、将来的には弥助を城主にする思いも信長にはあったと言われている。

強いていうなら、仮に日本に外国人に対するアレルギー反応や差別事象などがあっても、黒人に特化して差別したような歴史は存在しない。その延長線上にあって、おそらく日本におけるブラックフェイスの走りである「ラッツ&スター」にも「黒人差別」する意図はなく、顔黒にはむしろレスペクトがあったという意見を納得できる。数年前に、ラッツ&スターと並んで、同じ格好をしたももいろクローバーZにも悪意はなく、さらには今回の主題である浜田氏や番組制作側にも黒人を馬鹿にする意図などない。これは事実と言い切っても良いだろう。

日本ばかりが特殊かと言えば、そんなこともなく、例えば(大きなカテゴリーで言うと私なども本来なら日本人と同じ黄色に属するのだが、)一見黒人として扱われる私の母国スリランカ人も同じである。日本のように歴史に裏打ちされた黒人差別を経験したことのなく、もちろん実感が伴わなうはずもなく、事実このような国や地域も多い。

しかし、場所が違えば、黒人差別を切り離して歴史を語れない国々もある。主にかつて植民地支配や奴隷貿易に関係があった国々、とくに宗主国ということになる。肌の色が違うだけで人間として扱ってもらえない苦しい歴史を歩んだ人たちがいる。そして世界には肌色による差別をなくすため命がけで戦ってきた歴史がある。アメリカやヨーロッパに白人が顔を黒く塗って演じる「ブラック・ミンストレル・ショー」がかつてあったという事実、そして黒人差別解放運動の結果としてなくしてきた歴史がある。

繰り返しになるが、「黒人」には、人間が人間として生きることの尊厳を勝ち得た歴史がある。黒人にルーツのある当事者は、その分野に関して詳しく、かつ敏感でもある。そして今回の問題定義を行った、米国出身の作家 バイエ・マクニールも当事者である。かれは間違いなく、黒人の歴史に明るくない、私たちとは違う感覚や感性をもっている。

彼の弁を聞いていても決して声を荒げているわけでもなく、日本に対して敵意をもっているわけでもなく、むしろ日本が大好きと公言さえしている。指摘の内容は論理的で説得力もある。個人的には、彼が旅行者ではなく、日本に永住すると決めてからこれらを指摘していこう決めたと言っていることが目に留まる。一つの見方として、この国に住む人間としてこの国をより良い国にするための自分の強みを生かした貢献であると言える。

二つの大きな文化がぶつかりあってるのは今回の騒ぎである。「日本文化」と「黒人文化」ということもできるかもしれないし、「日本文化」対「グローバル文化」という言い方もできるだろう。今回のブラックフェースについて、それこそ「黒」だの「白」だの「グレー」だの、の意見が飛び交っているが、肝心なのはこれからどうするかである。

あわせて読みたい

「ガキの使いやあらへんで」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    防弾少年団 韓国大統領とも親密

    SmartFLASH

  4. 4

    韓国に大人の対応ができない日本

    AbemaTIMES

  5. 5

    BTSがナチス演出? 韓国は擁護か

    tenten99

  6. 6

    上場情報漏洩 早出し記事許すな

    川北英隆

  7. 7

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  8. 8

    メルカリ 新卒6割インド人の理由

    高橋亮平

  9. 9

    徴用工判決に日本の親韓派も失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    豊洲は新規業者阻む慣習刷新せよ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。