記事

吉本芸人からトップ営業に転進できた理由

1/2

吉本興業のタレントを経て、営業マン・起業家に転身した殿村政明さん。なぜ転進が成功したのか。殿村さんは「笑い」のメカニズムを分析し、営業に役立つ「話し方」を教えています。そのポイントとは――。

■信念を置いたのは「礼儀正しくて面白い人」

関東の人でも関西の人でも、男でも女でも、人は笑うと距離感がいきなり縮まるものです。その理由は警戒という壁が崩れてリラックスするからです。

私は吉本興業の芸人を経てハウスメーカーに営業マンとして就職し、その後独立して起業家となり、現在は笑いのスキルでコミュニケーションの活性化を目的とする「笑伝塾」を営んでいます。

私が営業マンとして就職したばかりの頃は「丁寧」をモットーにやっていましたが、営業成績はボチボチという程度で、決して褒められたレベルではありませんでした。しかし、まわりの先輩でトップ営業マンと言われる人たちは、丁寧なだけではなく、冗談や笑いを取りながら接客していることに気づき、吉本時代の笑いのスキルを積極的に出していくことにしました。その結果、1年後には全社トップの営業マンとなり、退職するまで維持できました。

私が営業マンとして信念を置いたのは「礼儀正しくて面白い人」です。そんなキャラクターに見てもらえたらいいなと思い仕事をしていました。

笑いのスキルの中で私が使っていたツカミをひとつご紹介します。初対面の席に座ってすぐ「あれ? 間違ってたらすいません。もしかしてジョニー・デップですよね?」と言うのです。すぐに笑ってくれるお客さんと照れながら笑ってくれるお客さんがいますが、どちらにしろ柔らかいムードになり、商談がとてもやりやすくなります。

もちろんジョニー・デップに限らず、性別、年齢に合わせた超トップスターを持ってくるのです。若い女性ならアンジェリーナ・ジョリーや北川景子、ご高齢なら吉永小百合や高倉健など、いくらでも言われたら嬉しいタレントはいます。

画像を見る

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。