記事

トランプ大統領就任1年

アメリカでトランプ氏が大統領に就任して1年になります。その間、「アメリカ第一」を掲げて、アメリカが引っ張ってきた多国間主義を覆して、やりたい放題、といった感じです。

温暖化防止のパリ条約からも脱退し、オバマ大統領が作った温暖化対策を次々に撤廃して、環境保護局の予算を削り、途上国の温暖化対策を支援する基金への拠出も止めています。

アメリカでもカリフォルニアの山火事やニューヨークでの極端な寒さによる凍死まで出ているのに「温暖化はでっちあげ」などという大統領を選んだ不幸だと思います。

アメリカが主導したTPP(環太平洋連携協定)からも離脱し、ユネスコ(国連教育科学文化機関)からの脱退も決めています。また、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、中東をさらに不安定にしています。

さすがにメキシコ国境に壁を作る計画は実行されていませんが、人種差別の発言、先日もハイチやアフリカ諸国を「便所のような国」と言ったり、女性蔑視の発言をしたり、大統領として以前に、人として人権感覚に欠けていすぎです。

それでも、貧しい白人労働者など白人からの支持は高いままということで、アメリカが病んでいて分断されていることを感じさせられます。

議会上院では、与野党の対立が続いて、政府の暫定予算が切れる前に、新たな予算案を可決することができず、トランプ大統領の就任から1年となる20日、政府機関が一部閉鎖される事態となったと、先ほど報道されています。

トランプ大統領は、午前11時まで、一人で部屋にこもってテレビ、電話、ツイッターという過ごし方をしていて、ますます人の意見に耳を傾けなくなっている、ということです。

こういう状態だからこそ、仲良し?の安倍総理は、もっと耳の痛いことを言う必要があると思います。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。