記事

ドルが5週連続で下落、2015年以降で最長 政府閉鎖不安で=NY外為

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し5週連続で値下がりし、下落期間は2015年5月以来の長さとなった。

米政府機関閉鎖の可能性を巡る懸念がドルを圧迫した。

上院民主党トップのシューマー院内総務はこの日、トランプ大統領と会談し、閉鎖回避に向けた打開策を探った。シューマー氏は一定の前進があったものの、複数の項目でなお合意に至っていないことをほのめかした。

ただ、閉鎖されても影響は軽微との声も聞かれる。オッペンハイマーファンズのポートフォリオ・マネジャーは「経済というより政治的なイベントだ」「こうした状況は前にも経験している」と語った。

米東部時間午後3時26分(日本時間20日午前5時26分)時点で、貿易加重のドル指数は0.06%高の90.591。米国以外の中銀も利上げに踏み切るとの見方からドルが売られ、今週は2014年12月以来の安値水準をつける場面もあった。

ユーロは対ドルで0.06%安の1.2230ドル。17日につけた3年ぶり高値(1.2323ドル)を下回った。欧州中央銀行(ECB)の理事会を来週に控え、週間では5週連続で上昇した。

ドルは対円で0.41%安の110.64円。17日につけた4カ月ぶり安値(110.19円)を上回る水準だ。ただ、米10年債利回りが2014年9月以来の水準に上昇したものの、ドルの勢いはすでに薄れつつある。

UBSウェルスマネジメントのアナリストらはメモで「日銀のハト派色が薄まる見通しに市場はより敏感になっており、ドル/円を圧迫しつつある」と指摘。政策姿勢をよりはっきりと見極めようと、来週の日銀金融政策決定会合を注視しているとした。

同アナリストらは「現在のところ、イールドカーブ・コントロールをシフトする緊急性を日銀が抱えていると考えていない」と話した。

(表はロイターデータに基づいています)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  2. 2

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  3. 3

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  4. 4

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  5. 5

    トランプ氏、独自SNS立ち上げへ IT大手に対抗

    ロイター

    10月21日 17:00

  6. 6

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    米Facebook、社名変更か “仮想現実”『メタバース』構築へ

    ABEMA TIMES

    10月21日 15:12

  9. 9

    各論だらけの選挙公約 コロナを政争の具にするな - 樫山幸夫(元産經新聞論説委員長)

    WEDGE Infinity

    10月21日 12:52

  10. 10

    国民・玉木雄一郎代表 「いま言われているほとんどの問題は給料が上がれば解決する」

    ABEMA TIMES

    10月21日 16:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。