記事

冬野菜 高値続く

天候不良の影響で、葉物を中心に冬の野菜の価格高騰が続いています。新鮮な

野菜が豊富な軽井沢でも、スーパーなどで、レタスやキャベツなどが通常の2倍

以上の価格になっていて、しかもレタスなどの巻きが小さく分量も少なくなって

います。軽井沢に住んでから、特に野菜中心の食事になっているので、困って

います。昨日17日、農林水産省が発表した今月8~10日の野菜の小売価格

(全国平均、1キロあたり)は、白菜が平年の2.15倍、大根が2.14倍、キャベツ

が2.05倍、レタスは2.01倍でした。レタスとキャベツは、昨年末の前回調査より

上昇幅が縮みましたが、白菜と大根はさらに上がった、と報じられています。昨年

は、夏の長雨、秋の台風などで生育が思わしくない影響、ということです。気になる

今後ですが、卸売価格は今月上旬をピークに下がる傾向にあり、今後は小売価格

にも反映される見通しです。徐々に産地からの出荷が増え、2月以降は価格は

落ち着くと農水省ではみている、と伝えられています。こうした中で、流通大手の

イオンが、昨日17日から、スーパーなどで扱っている食品や日用品、100品目

を平均でおよそ10%値下げした、というニュースもあります。野菜の高騰などで

消費者の根強い節約志向に対応するとして、自社で開発したプライベートブランド

で、食パン、ジャム、ラーメン、カレーなどの食品、食器用や衣料品用の洗剤など

の日用品の値下げ、ということです。景気はよくなったといわれながら、手取り

収入は増えていない中で、必需品の野菜の高騰は痛いので、こうした試みは

うれしく受け止められるのではないかと思います。

あわせて読みたい

「小売業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  5. 5

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  10. 10

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。