記事

1月18日(木) ムネオ日記

 平昌冬季オリンピックの代表選手の所属企業や学校が主催する壮行会の公開を、JOC(日本オリンピック委員会)が規制する方針という新聞記事を見て驚く。

 企業でも学校でも仲間意識や同僚の活躍を願っての善意での壮行会であろう。それをJOCはどう受け止めているのだろうか。

 オリンピック代表選手を出すということは名誉なことで、さらに頑張って日の丸を上げてほしいとの期待や願いを持ってそれぞれが催しているのではないか。それを報道関係者に公開しないで、そっとやれというのでは壮行会ではない。

 幅広い支援、応援はスポーツにとって当然のことと思うが、JOCはえらく片苦しく考えているものだ。

IOCオリンピックが出来るのも公式スポンサーのお陰だ。テレビ放映料だというのなら、あまりにも商業主義に走り過ぎているのではないか。

人一倍頑張った人の栄光の場がオリンピックと理解する時、商業主義優先のやり方はどこかで行き詰まると考えるのは、私だけだろうか。

 昼過ぎのテレビを見ていると、いつものように貴乃花親方のことが話題になっていた。

その中で仁支川峰子さんという人が、日本相撲協会評議委員会池坊保子議長のことを「公平でないとか、しっかりして下さい」と批判していた。仁支川さんこそしっかり事実を踏まえて発言してほしいと思った。

 今回の日馬富士と貴ノ岩の件は、貴乃花親方が事実関係を相撲協会に報告していないことに原因がある。

それを一方的に「貴乃花が正しい、なにも悪くない」と言うところに何も判っていないし無理がある。

 巡業部長として巡業中に起きたことは速やかに相撲協会に報告するのが義務である。

それをせず、しかも自分で被害届を出しておきながら協会に連絡しない。どう考えても貴乃花親方の取った行動は間違っている。しかも聴取も拒んだことは大問題である。

 テレビでお門違いの発言がまかり通る所に、これでいいのかと自問自答した次第だ。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  8. 8

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

  9. 9

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。