記事

もうどんなことがあっても驚かない・・・・。でも、驚いた。

もうどんなことがあっても驚かない、と思ってきたが、昨日の小沢裁判での前田元検事の証言には驚いた。

開き直るとこんなにもあけすけに物を言うのか、と思うほどの爆弾証言振りである。 前田証人の独演会だったと言っているマスコミがあるくらいだから、法廷にいた人たちは皆度肝を抜かれたろう。

検察という組織から見放された哀れな一匹狼の遠吠えのように聞こえないでもないが、如何にも真実味があり、迫真性がある。 前田元検事でなければ知りえないような大事なことが次から次へと出てくるから、まず前田証言は本当のことを言っていると思っていいだろう。

前田元検事が当時の検察上層部の捜査方針を冷ややかに見ていたことは明らかである。

そのやり方では、絶対に小沢氏には辿り着けない。 小沢氏の政治資金の流れの全容を解明しないと、小沢氏をターゲットにしても立件は出来ない。 陸山会が取得したという世田谷の土地の購入原資になった小沢氏の4億円の全部がゼネコンからの闇献金、裏金ではないか、などという検察上層部の見立てははじめから間違っている。

そう、前田元検事は思ったはずだ。

多分、私が前田元検事と同じ立場だったら私もそう判断したと思う。

当時の検察上層部が小沢氏の不動産取得の原資となった4億円のみの違法性を追及することに捜査の対象を絞ったらしいところにそもそもの問題があった。 税務当局の全面的応援があれば違った観点からの捜査が十分可能だったに関わらず、当時の検察庁の幹部は自分のテリトリーだけで勝負を賭け、結局敗れてしまった。 俺だったらあんな無惨な捜査はしないし、させない。

特捜の鬼、落しのプロ、怖い検事、を自称していた前田元検事ならそのくらいのことは考えたはずだ。

昨日の法廷で前田元検事がぶちまけたことは、彼なりの真実である。 村木事件で証拠物改竄、証拠隠滅罪で実刑の有罪判決を受けて刑務所に収監され服役中の前田元検事にはもうこれ以上誰かにゴマをすったり、ことさらに誰かを擁護するだけの理由がない。

もうこの先には何もないから、自分の知っていることのありったけをこの際ぶちまける。 前田元検事は、現在そういう心境になっているのだろう。

前田証言があったからといって小沢被告に裁判が有利に展開するわけではない。 前田証言で明らかになったのは、検察が小沢氏に敗れたという事実だけだ。 マスコミ的には面白い展開だろうが、政治資金収支報告書の不実記載についての共謀の有無についての事実認定を左右するような重要な事実が前田証言によって明らかになったわけではない。 念のため。

あわせて読みたい

「小沢一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。